BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

Jリーグ参入を目指す“アンダーカテゴリー”の物語。奈良クラブと東京23FC、2人のGMが語る苦節と夢

フットボールチャンネル1月14日(土)9時57分
画像:Jリーグ参入を目指す“アンダーカテゴリー”の物語。奈良クラブと東京23FC、2人のGMが語る苦節と夢
写真を拡大
画像:Jリーグ参入を目指す“アンダーカテゴリー”の物語。奈良クラブと東京23FC、2人のGMが語る苦節と夢
写真を拡大

奈良クラブと東京23FCのGMが語るアンダーカテゴリーの世界

 昨年11月に『サッカーおくのほそ道』を上梓した宇都宮徹壱氏を司会に、奈良クラブと東京23FCのGM対談が実現。ともにJリーグを目指すクラブのGMがアンダーカテゴリーならではの苦労と醍醐味を語った。(取材・文:宇都宮徹壱)

———————————–

 11月16日に株式会社カンゼンから発売された『サッカーおくのほそ道』が、発売から1ヶ月以内で増刷となった。日本代表でもJクラブでもない、日本サッカーのルポルタージュが、これほどの反響を呼ぶとは予想もしなかった。実のところ、昨今の紙媒体では扱いにくくなった「アンダーカテゴリー」の世界にこそ、サッカーファンを魅了して止まない「物語」の宝庫であったことに、私自身が気付かされた次第だ。

 そんなわけで今回は、奈良クラブGMの矢部次郎さん(写真左)と東京23フットボールクラブGMの原野大輝さんにご登場いただいた。奈良クラブと東京23FCは、いずれも本書に登場しているが、取材時から時間が経って状況もいささか変わっている(特に奈良クラブの場合、取材時は関西リーグ所属だった)。そこで当時と今とを行き来しつつ、アンダーカテゴリーならではの難しさと面白さについても、おふたりに語っていただいた。

 普段、なかなか聞くことのできない、アンダーカテゴリーで頑張るGMたちの本音トーク。最後まで楽しんでいただければ幸いである。なお、今回の取材をセッティングしていただいた、錦糸町フットボール義勇軍の皆さんには、この場を借りて御礼申し上げる次第である。(取材日:2016年12月11日)

──今日はよろしくお願いいたします。矢部さんと原野さんは初対面ですが、それぞれ奈良クラブと東京23FCのGMということで、今日は「GMから見たアンダーカテゴリーの世界」というテーマでお話を伺いたいと思います。まずはそれぞれホームタウンについてご紹介いただけますでしょうか。

矢部 奈良はJクラブのない県で、都道府県別のサッカー偏差値のランキングでも実はワーストあたりなんですよ。県内に全国レベルの高校や大学もないし、僕がクラブを立ち上げた頃は人工芝のグラウンドが県内で一面しかなかった。そんな中で、僕の地元である奈良にJクラブを作りたいという思いから、ここまでやってきました。関わり始めたのが07年で、まだ県1部の時。奈良クラブという名前になったのは08年からですね。

原野 ウチは03年に東京都4部からのスタートで、当初は東京23サッカークラブという名称でした。奈良さんと同じで、ウチもグラウンドの確保には随分と苦労しましたね。東京都の場合、子供のサッカーが優先されることが多くて、社会人は後回し。ですから都リーグの試合が、千葉や埼玉で開催されることもよくありました。今、ホームゲームで使わせていただいている江戸川区陸上競技場も、実は限られた時にしか使えないんですよね。

──奈良クラブも関西リーグ時代は試合会場で苦労はありましたか?

矢部 僕らが関西リーグでやっていた頃って、ホームとアウエーの概念が曖昧で、グラウンドが取れたらそこが試合会場。どっちがホーム扱いなのか、会場に行ってみないと分からない(笑)。関西1部では8チームで14試合。ホームゲームは本来ならば7試合あるわけですが、奈良で試合をしたのは2試合とか3試合でしたね。最後のホームゲームが京都だった、なんてこともありました。

海外からも注目されるユニフォームのデザイン

──奈良には今、J3仕様のスタジアムはあるんですか?

矢部 奈良市鴻ノ池陸上競技場、今年から「ならでんフィールド」と呼ばれるようになったんですけど、今はJ3仕様になっていますね。僕らが13年にJ3に手を挙げた時には、Jリーグからダメ出しされたんですけど、その後は行政も動いてくれて2年前のオフに改修されました。今では指定管理も入っていますし、ピッチもJFLでは一番いいという評価を受けています。

──東京23FCは現在、江戸川区を拠点に活動していますが、あくまで東京23区全体をホームタウンにしようと考えているんでしょうか? それとも今後も江戸川区にこだわり続けるのでしょうか?

原野 ウチは東京23区内の初のJクラブを目指しているのですが、最終的には江戸川区を中心に総合型スポーツクラブと作ることです。ただありがたいことに、江戸川区でもウチのファンやサポーターは増えてきていますし、行政とのパイプも強くなっています。ですので、そうした地域とのつながりは、今後も大切にしていきたいと思っています。

──矢部さんにお聞きします。奈良クラブといえば、毎年のオフに発表される来季のユニフォームのデザインがサッカーファンの間で話題になっています。ある意味、クラブとしての話題作りの戦略的な部分もあるかと思うのですが、いかがでしょうか?

矢部 これは奈良クラブになって2年目の09年、関西2部のときに平城遷都1300年記念マスコットの『せんとくん』が胸に入りました。そして11年から中川政七商店さんにデザインをお願いするようになって、今季で5シーズン目になりましたね。おかげさまで、毎年オフになると風物詩みたいなのにもなって、HPのサーバーがダウンするわ、海外のメディアに取り上げられるわ(苦笑)。ありがたいことに最近では、全国のファンがウチにユニフォームを買ってくれるようになりましたし。

──東京23FCのアドバンテージとしては、やはり「クラブが東京にある」ということですよね。クリエイティヴな人材も集めやすいでしょうし。

原野 それもあるんですが、周囲に大学が多いので意欲のある大学生には積極的に運営にも関わってもらっています。運営に関しては、「東京のかっこよさというものをしっかり表現したい」ということで、ホームゲームのときはスタッフは基本的にスーツ着用です。中には「カッコつけている」と言う人もいるんですけど(苦笑)、ウチは人件費が少ない中では頑張っているほうだと思うんですよね。もちろん、関東リーグでできることにも限界はあるので、できるだけ早くJFLに上がりたいというのはあるんですけど。

2つのクラブが目指すところ

──せっかくですので、拙著『サッカーおくのほそ道』に登場したクラブのGMとして、それぞれ感想などいただけるとありがたいのですが。まずは矢部さんからお願いします。

矢部 ウチを取材していただいたのが、まだ関西リーグ時代でしたから懐かしいですね。と同時に、Jリーグを目指すクラブと目指さないクラブ、それぞれのスタイルというものを興味深く拝読させていただきました。

原野 僕も自分のクラブはもちろんですが、やはり他のクラブの話も面白かったですよ。今は関東クラブでも、それから上のカテゴリーに上がっていけば、ああなっていくのかな、という。それと僕自身、かつては佐川急便東京でプレーしていたので、SAGAWA SHIGA FCの章もすごく興味深かったですね。知っている人もけっこう出ていたし(笑)。

──最後に、それぞれの来季の目標をお願いします。

原野 来季は関東リーグの連覇を果たして、地域チャンピオンズリーグに向けてしっかり準備して突破すること。それしかないですね。

矢部 われわれもJ3という明確な目標がありますので、それに向けてクラブとして成長していくつもりです。あと、この本に出てきた指導者に、来季の奈良を率いてもらえるようにオファーをしているところです。引き受けてくれるといいんですが。

──え、ちなみにどなたですか?

矢部 それは発表までのお楽しみということで(笑)。
(編集部註:その後、元長野監督の薩川了洋氏が奈良クラブの監督に就任することが発表された)

(取材・文:宇都宮徹壱)

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「奈良」「東京」「Jリーグ」「宇都宮」の関連トピックス

「Jリーグ参入を目指す“アンダーカテゴリー”の物語。奈良クラブと東京23FC、2人のGMが語る苦節と夢」の関連ニュース

注目ニュース
佳純4連覇ならず 面食らった積極姿勢「あれだけ向かってこられると」 スポーツニッポン1月23日(月)7時18分
◇卓球全日本選手権最終日・女子シングルス決勝石川2—4平野(2017年1月22日東京体育館)気丈に振る舞っても、会見での石川の心はここにあ…[ 記事全文 ]
高橋由伸監督を悩ます巨人の複雑なチーム内派閥事情 NEWSポストセブン1月23日(月)16時0分
今オフの巨人選手の動向で、関係者を驚かせたのが「阿部(慎之助、37)が小林(誠司、27)をグアムの自主トレに連れて行ったこと」(担当記者)…[ 記事全文 ]
石川佳純4連覇ならずぼう然 美宇に敗れ「150%出てるのではと思った」 スポーツ報知1月23日(月)6時1分
◆卓球全日本選手権最終日▽女子シングルス・決勝平野4—2石川(22日・東京体育館)女子シングルス決勝は、石川佳純(23)=全農=が、平野美…[ 記事全文 ]
稀勢の里が横綱に昇進したら、年収5000万!? スポーツ報知1月23日(月)7時1分
◆稀勢の里が横綱に昇進したら▽スロー(昭和以降)初土俵から所要89場所は歴代3位。先代師匠の隆の里は91場所。新入幕では73場所で歴代1位。[ 記事全文 ]
8強入りのナダル「ガールフレンドは推薦出場」、インタビューに観客爆笑 スポーツニッポン1月23日(月)23時8分
◇全豪オープン第8日(2017年1月23日メルボルン)全豪オープン男子シングルスで8強入りを決めた世界ランキング9位のラファエル・ナダル(…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 稀勢の里が横綱に昇進したら、年収5000万!?スポーツ報知1月23日(月)7時1分
2 佳純4連覇ならず 面食らった積極姿勢「あれだけ向かってこられると」スポーツニッポン1月23日(月)7時18分
3 高橋由伸監督を悩ます巨人の複雑なチーム内派閥事情NEWSポストセブン1月23日(月)16時0分
4 ヤ軍は田中将大を「頼りにしてる」 契約破棄せず契約延長でも年俸30億円に!?フルカウント1月22日(日)21時36分
5 錦織 集中力欠き4回戦敗退「もったいないとしか言いようがない」スポーツニッポン1月22日(日)22時28分
6 楽天・オコエ瑠偉 家族公認の年上恋人とハワイ旅行写真NEWSポストセブン1月22日(日)16時0分
7 石川佳純4連覇ならずぼう然 美宇に敗れ「150%出てるのではと思った」スポーツ報知1月23日(月)6時1分
8 稀勢の里の母 息子と目が合い号泣「涙が止まらなかった どきどきしていました」スポーツニッポン1月22日(日)21時38分
9 貴親方が稀勢祝福 横綱になっても国技相撲の伝承者であれスポーツニッポン1月23日(月)9時58分
10 ロイヤルズ25歳右腕がドミニカで自動車事故で死去 同日に元MLB選手も事故死フルカウント1月23日(月)1時31分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア