レアル、過去12年で“ワースト”のリーガ前半戦。宿敵と大差の4位で折り返す

1月14日(日)19時7分 フットボールチャンネル

 リーガエスパニョーラ第19節の試合が現地時間13日に行われ、レアル・マドリーはホームでビジャレアルに0-1の敗戦を喫した。

 今季のリーガで苦戦を強いられている昨季王者マドリーは、またしても勝ち点を落とす結果となってしまった。28本のシュートを放ちながらも無得点に終わり、試合終盤にカウンターから失点。ホームで屈辱の敗戦を味わった。

 この結果、マドリーの今季の成績は18試合を戦って9勝5分け4敗で勝ち点32。首位バルセロナに16ポイント差をつけられての4位に甘んじている。

 12月にクラブ・ワールドカップに出場した影響でレガネス戦が延期されて1試合未消化のマドリーだが、リーガ前半戦を終えて4位という成績は2005/06シーズン以来で最も低い順位。勝ち点でもそのシーズン以来で最少となっている。 

 2005/06シーズンは最終的に2位に順位を上げてシーズンを終えたとはいえ、優勝したバルサとの差は12ポイントと、前半戦終了時からほとんど縮まらなかった。今季後半戦はどこまで巻き返すことができるだろうか。

▽レアル・マドリー、リーガ前半戦終了時点の成績
2017/18: 勝ち点32(4位)※1試合未消化
2016/17: 勝ち点43(1位)※1試合未消化
2015/16: 勝ち点40(3位)
2014/15: 勝ち点45(1位)※1試合未消化
2013/14: 勝ち点47(3位)
2012/13: 勝ち点37(3位)
2011/12: 勝ち点49(1位)
2010/11: 勝ち点48(2位)
2009/10: 勝ち点44(2位)
2008/09: 勝ち点38(2位)
2007/08: 勝ち点47(1位)
2006/07: 勝ち点38(3位)
2005/06: 勝ち点33(4位)

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

レアルをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ