横浜FM、新加入の大津が9番、U-21代表の遠藤は11番に変更。齋藤放出の10番は空き番に

1月14日(日)14時39分 フットボールチャンネル

 横浜F・マリノスは14日、2018シーズンのチーム新体制および背番号を発表した。

 MF齋藤学の川崎フロンターレ移籍により空くことになった背番号「10」は不在に。浦和レッズへ移籍したMFマルティノスがつけていた「20」も空いている。

 新加入選手では、柏レイソルから加入のFW大津祐樹が「9」に決定。アビスパ福岡から復帰のFW仲川輝人は「19」になった。FCソウルから加入の韓国代表MFユン・イルロクは「25」をつける。

 U-21日本代表のMF遠藤渓太は、昨季空き番だった「11」に変更となった。そのほかでは、DFミロシュ・デゲネクが「34」から「2」に、MFイッペイ・シノヅカが「37」から「26」にそれぞれ変わっている。

フットボールチャンネル

「U-21」をもっと詳しく

「U-21」のニュース

BIGLOBE
トップへ