165キロ大谷に肉薄 ホークス和田の“遅くて速い直球”がスゴイ

1月14日(土)8時20分 フルカウント

140キロでも空振り率は150キロ剛腕抑えてパ規定投球回トップ

 5シーズンぶりに日本球界に復帰し、昨季15勝で最多勝を獲得したソフトバンク・和田毅。12年の左肘のトミー・ジョン手術を乗り越えた左腕は35歳を迎えてなお、衰えを見せることがない。そんなベテランについて興味深いデータがある。

 それは「パ・リーグTV」が集計した「パ・リーグ投手の球種別空振り率」のデータ。規定投球回に到達した投手で、和田はストレートの空振り率が1位にランクしている。総投球数は2600球でストレートは1366球。うち146球が空振りで、空振り率は10.7%にあたる。

 この数字、驚異的と言っていいだろう。和田のストレートといえば、常時140キロ前後で130キロ台を計測することもある。規定投球回に3イニング届かなかった日本最速165キロの日本ハム・大谷は11.2%だから、わずか0.5%しか変わらない。

 さらに、続く西武・菊池(7.7%)、楽天・則本(7.4%)と150キロ超の剛球を操る投手が続くが、3%以上の差をつけている。決して速くない球速で、速球派を上回る空振り率を誇る和田の数値は、ひときわ異彩を放っている。

 なぜ、和田は140キロでも空振りが取れるのか。チェンジアップやカーブなど多彩な変化球で緩急をつけることもあるが、一番は投球フォームだろう。

理想的な投球フォーム、セの若手から教えを求められることも

 テイクバックが小さい上に打者から球の出所が見づらく、球持ちがいい。最大限にホームベース寄りのリリースポイントから放たれる直球はスピンが利いてノビが生まれ、球速表示以上に感じる。結果的に空振りが生まれるというものだ。

 いわば、剛球を持たない投手にとっては、理想的な教科書ともいえる投球フォーム。多くのアマチュア野球の現場でも手本とされているが、それは同じプロ野球選手にとっても一緒のようだ。

 昨年6月の交流戦・DeNA戦。試合で投げ合った相手の石田健大が翌日、和田の元を訪れ、アドバイスを乞うたという。

「自分と同じようにテイクバックが小さくて、ずっと理想にしてきた投球フォームなので、話を聞いてみたかった」と石田。この年、9勝を挙げて侍ジャパン強化試合メンバーに選ばれた次代のサウスポーにとって、リーグを越えて生きる手本となっているように、若手からも目標とされる存在となった。

 和田のストレートは、形容するなら“遅くて速いストレート”。肉体的なパワーに頼らない投球術は、長く選手生命を持続させる上でも重要となるだろう。速球全盛の現代プロ野球で稀有な左腕はオンリーワンの存在として、まだまだ輝き続けていく。

フルカウント

この記事が気に入ったらいいね!しよう

規定をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ