BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

165キロ大谷に肉薄 ホークス和田の“遅くて速い直球”がスゴイ

フルカウント1月14日(土)8時20分
画像:165キロ大谷に肉薄 ホークス和田の“遅くて速い直球”がスゴイ
写真を拡大

140キロでも空振り率は150キロ剛腕抑えてパ規定投球回トップ

 5シーズンぶりに日本球界に復帰し、昨季15勝で最多勝を獲得したソフトバンク・和田毅。12年の左肘のトミー・ジョン手術を乗り越えた左腕は35歳を迎えてなお、衰えを見せることがない。そんなベテランについて興味深いデータがある。

 それは「パ・リーグTV」が集計した「パ・リーグ投手の球種別空振り率」のデータ。規定投球回に到達した投手で、和田はストレートの空振り率が1位にランクしている。総投球数は2600球でストレートは1366球。うち146球が空振りで、空振り率は10.7%にあたる。

 この数字、驚異的と言っていいだろう。和田のストレートといえば、常時140キロ前後で130キロ台を計測することもある。規定投球回に3イニング届かなかった日本最速165キロの日本ハム・大谷は11.2%だから、わずか0.5%しか変わらない。

 さらに、続く西武・菊池(7.7%)、楽天・則本(7.4%)と150キロ超の剛球を操る投手が続くが、3%以上の差をつけている。決して速くない球速で、速球派を上回る空振り率を誇る和田の数値は、ひときわ異彩を放っている。

 なぜ、和田は140キロでも空振りが取れるのか。チェンジアップやカーブなど多彩な変化球で緩急をつけることもあるが、一番は投球フォームだろう。

理想的な投球フォーム、セの若手から教えを求められることも

 テイクバックが小さい上に打者から球の出所が見づらく、球持ちがいい。最大限にホームベース寄りのリリースポイントから放たれる直球はスピンが利いてノビが生まれ、球速表示以上に感じる。結果的に空振りが生まれるというものだ。

 いわば、剛球を持たない投手にとっては、理想的な教科書ともいえる投球フォーム。多くのアマチュア野球の現場でも手本とされているが、それは同じプロ野球選手にとっても一緒のようだ。

 昨年6月の交流戦・DeNA戦。試合で投げ合った相手の石田健大が翌日、和田の元を訪れ、アドバイスを乞うたという。

「自分と同じようにテイクバックが小さくて、ずっと理想にしてきた投球フォームなので、話を聞いてみたかった」と石田。この年、9勝を挙げて侍ジャパン強化試合メンバーに選ばれた次代のサウスポーにとって、リーグを越えて生きる手本となっているように、若手からも目標とされる存在となった。

 和田のストレートは、形容するなら“遅くて速いストレート”。肉体的なパワーに頼らない投球術は、長く選手生命を持続させる上でも重要となるだろう。速球全盛の現代プロ野球で稀有な左腕はオンリーワンの存在として、まだまだ輝き続けていく。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「165キロ大谷に肉薄 ホークス和田の“遅くて速い直球”がスゴイ」の関連ニュース

注目ニュース
【巨人】高木京、復帰会見「野球に真摯に取り組み、二度と同じ過ちを犯さないよう…」 スポーツ報知3月27日(月)16時23分
日本野球機構(NPB)の熊崎コミッショナーに復帰が認められ、巨人と育成契約を結んだ高木京介投手(27)が27日、東京・大手町の球団事務所で…[ 記事全文 ]
東海大福岡、乱打戦制す…早実の反撃を振り切る 読売新聞3月27日(月)14時14分
東海大福岡11—8早稲田実(2回戦=27日)——東海大福岡(福岡)は三回に遠藤の3点三塁打で逆転。四回に4点目を加え、六回には、4連続適時打で5点を奪い突き放した。早稲田実(東京)は七回に1点を返し、八回に清宮の二塁打と続く野村、小西の連続適時打などで3点を追加。[ 記事全文 ]
稀勢の里「忘れられない大阪場所になった」 左肩痛みは「ほぼほぼない」 スポーツニッポン3月27日(月)11時28分
大相撲春場所で2場所連続2度目の優勝を果たした新横綱の稀勢の里(30=田子ノ浦部屋)が27日、田子ノ浦部屋宿舎のある大阪市港区の築港高野山…[ 記事全文 ]
貴親方、稀勢に感じた「風格」 横綱の責任果たし殻ひとつ破った スポーツニッポン3月27日(月)8時18分
◇大相撲春場所千秋楽(2017年3月26日エディオンアリーナ大阪)平成の大横綱の貴乃花親方が、新横綱で優勝した稀勢の里を祝福した。[ 記事全文 ]
高安、兄弟子の涙にもらい泣き 来場所大関取りへ「自分のためにしっかりと頑張ります」 スポーツ報知3月27日(月)7時1分
◆大相撲春場所千秋楽○高安(寄り切り)玉鷲●(26日・エディオンアリーナ大阪)横綱・稀勢の里が2場所連続2度目の優勝を飾った。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア