【MLB】世界一アストロズがトレードで右腕コール獲得 ダルビッシュ移籍は消滅か

1月14日(日)8時31分 フルカウント

米報道後に球団が発表、ヤンキースのダルビッシュ獲り加速も

 昨季世界一のアストロズが、パイレーツのエース右腕ゲリット・コール投手を4選手とのトレードで獲得したと発表した。アストロズはダルビッシュ有投手の移籍先候補の1つに浮上していたが、これで可能性は低くなったと見られる。

 最初に報じたのは、ヤフースポーツのティム・ブラウン記者。ツイッターで「パイレーツとアストロズがトレードをしたと聞いた。関係者は、ゲリット・コールの代わりにマスグローブとモランがピッツバーグに行くと言っている」とレポート。さらに、米メディア「ジ・アスレチック」の敏腕記者ケン・ローゼンタール氏もツイッターで、両球団のトレードを関係者が認めたとつぶやいた。その後、アストロズがトレード成立を発表した。

 先発補強を目指していたアストロズは、レンジャーズ、ヤンキース、カブス、ツインズ、ドジャースとともに、FAのダルビッシュの移籍先候補に残っていると伝えられていた。しかし、ジョー・マスグローブ投手、コリン・モラン内野手、マイケル・フェリス投手、ジェイソン・マーティン外野手とのトレードで、先発投手の補強に成功した形となった。

 一方、メジャー5シーズンで通算59勝42敗、防御率3.50の成績を誇るコールについては、ヤンキースもトレードでの獲得を目指していると伝えられていた。これにより、ヤンキースがダルビッシュ獲得にさらに力を注ぐ可能性もありそうだ。(Full-Count編集部)

フルカウント

この記事が気に入ったらいいね!しよう

トレードをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ