阪神能見、引退マートンのあの時語る「謝ってきて」

1月14日(日)15時20分 日刊スポーツ

沖縄で自主トレを行う能見篤史(撮影・清水貴仁)

写真を拡大


 阪神能見篤史投手(38)らが14日、沖縄・宜野座村で行う自主トレを公開した。キャッチボール、遠投、ノックなどで汗を流した。
 練習後、能見は現役引退を表明したマット・マートン外野手(36)について「すごさをあらためて感じる。右打者で200本打つわけだからね」と惜しんだ。
 12年6月9日のオリックス戦(甲子園)に完敗後、マートンが緩慢な守備について報道陣に問われ「アイ ドント ライク ノウミサン。ニルイドウゾ。Go ahead」などと発言。波紋を呼んでいた。能見は当時を振り返り「マートンはめちゃ謝ってきてね。気にしないで、そんなの気にせんといてって。本心で言ってないのは分かっているからって。純粋でね」と懐かしんだ。最後は「また1回また会えたらいいな」と再会を熱望した。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マートンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ