巨人吉川尚輝、正二塁手奪取へ「1番は守備大事に」

1月14日(日)17時39分 日刊スポーツ

巨人坂本勇(左)は二遊間のノックで吉川尚(中央)と併殺の練習を行う。右は辻(撮影・島根純)

写真を拡大


 巨人吉川尚輝内野手(22)が14日、沖縄県内で自主トレを公開した。主将の坂本勇人内野手(29)、辻東倫内野手(23)とともに内野ノックやティー打撃で汗を流した。
 2年目の今季は正二塁手への期待が高い。この日もノックでは軽快にゴロをさばき、順調な調整ぶりを見せた。2月1日のキャンプインに向けて「アピールしないとレギュラーは取れない。新人選手も入って、レギュラー争いが激しくなる。アピールするということにこだわっていきたい。1番は守備を大事にしてやっていきたい」と守備に磨きをかけていきたいと意気込んだ。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

巨人をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ