広島中村奨成、体力測定で超バランス・ボディー証明

1月14日(日)17時8分 日刊スポーツ

広島中村奨成(2018年1月7日)

写真を拡大


 広島の新人選手が14日、広島大学病院で体力測定に臨んだ。
 持久力、下半身筋力、反射神経、ジャンプ力、メディカルチェックの5項目を測定。具体的な数値は非公表だったが、ドラフト1位の中村奨成捕手(18=広陵)は平均的に高い数値をたたき出し、体のバランス力が優れていることが証明された。
 「測定して自分の体のことがあらためて分かった。平均を超えたのもいいが、やるからには一番を目指していきたい気持ちがある。野球で言えは(走攻守)3拍子そろった選手になりたい」と話した。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中村奨成をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ