ハンド代表の高校生、部井久アダムが欧州クラブ交渉

1月14日(日)4時57分 日刊スポーツ

シュートを放つ部井久(2018年1月13日撮影)

写真を拡大


<ハンドボール国際親善試合:バーレーン21−20日本>◇13日◇東京・アリーナ立川立飛

 男子初の高校生代表、部井久アダム(18=福岡・博多高)が、世界を目指してアジア選手権(18日開幕、韓国)に臨む。日本は壮行試合のバーレーン戦に20−21と惜敗。部井久は腰痛で限られた出場時間ながら豪快なシュートで1得点し、観客を沸かせた。
 昨年7月の日韓戦で代表デビューした「将来のエース」(シグルドソン監督)は、卒業後の欧州クラブ入りを目指す。中大に籍は置くものの「強い当たりに慣れるためにも、海外でプレーしないと」と語る。既に数クラブと交渉中で、アジア選手権での活躍は欧州移籍の後押しにもなる。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

高校をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ