森保監督敗退もカタール戦へ「最善尽くしてほしい」

1月14日(火)22時18分 日刊スポーツ

練習前、下田GKコーチ(右)と話し込む森保監督(撮影・前田充)

写真を拡大


【バンコク(タイ)14日=杉山理紗】東京五輪予選を兼ねたU−23アジア選手権で既に1次リーグ敗退が決定している同日本代表は15日、カタールとの第3戦に臨む。
14日の前日練習には、体調不良のGK小島亨介(新潟)、第2戦で左足を痛めたDF渡辺剛(東京)を除く21人が参加。フィールドプレーヤーで出場がないのはMF遠藤渓太(横浜)MF菅大輝(札幌)の2人だが、森保一監督は出番のなかった選手を起用するか問われると、「全員が全員そうなるとは限らないと思う」と明言を避けた。
1次リーグ敗退をベンチから見届けた2人は、ウイングバックのポジションから攻撃の活性化を狙う。菅は「引かれた相手にアイデアがあまりなく、ミスしてカウンター1発でやられる場面が多かった。もっと前線でのアイデアを増やさないといけないと感じた」。遠藤も「クロスに入っていく人を増やすとか、ミドルシュートを打って(DFを)引き出すとか、策はあったと思う。負ける相手じゃなかった」と、それぞれに改善点を見いだしている。
最終戦は消化試合となってしまったが、森保監督は「今大会は終わるが、五輪に向けた活動も、選手のキャリアも終わりではない。この試合でも目の前のことに全力、最善を尽くしてほしい」と必勝を呼びかけた。

日刊スポーツ

「森保」をもっと詳しく

「森保」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ