BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

メッシへの失言が原因に…バルサ、“クラブと異なる意見”口にした幹部を更迭

サッカーキング1月14日(土)7時8分
画像:バルセロナの幹部の1人がメッシについて誤解を生む発言をした [写真]=Getty Images
写真を拡大
バルセロナの幹部の1人がメッシについて誤解を生む発言をした [写真]=Getty Images
 バルセロナは13日、クラブの幹部であるペレ・グラタコス氏から、スペインサッカー連盟(RFEF)との関連事業部責任者の役職をはく奪したと発表した。

 スペイン紙『アス』によると、事の発端は13日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準々決勝の組み合わせ発表の際にグラタコス氏が口にした発言だという。バルセロナを代表して参加した同氏は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて「彼はイニエスタやネイマール、ピケなしではそこまで良いプレーはできない」などと述べたようだ。

 これを受けて、クラブ側は「(グラタコス氏が述べた)個人的な意見はクラブの意見と異なる」と説明。バルセロナの強化部門であるアルベルト・ソレール氏の判断で、グラタコス氏を更迭した。なお、同氏は解雇されたわけではないため、カンテラ(下部組織)強化の『マシア・360プロジェクト』には参加し続けることも伝えられている。
(C) SOCCERKING All rights reserved.

はてなブックマークに保存

この記事のトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「リオネル・メッシ」「バルセロナ」「更迭」の関連トピックス

「メッシへの失言が原因に…バルサ、“クラブと異なる意見”口にした幹部を更迭」の関連ニュース

注目ニュース
前垂れが土俵につき「負け」…誤審で厳重注意 読売新聞3月26日(日)19時5分
千秋楽の取組で、三段目力士の前垂れ(まわし)が土俵につき、審判から物言いがついて負けとされる一番があった。しかし、勝負規定上は「締込の前の垂れが砂についても負けとならない」とされており、二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)が当該審判団を厳重注意とした。勝負結果は覆らない。 [ 記事全文 ]
錦織4回戦進出「逆転を許す場面も多く難しかった」 日刊スポーツ3月27日(月)3時16分
<テニス:マイアミオープン>◇26日◇米フロリダ州マイアミ◇男子シングルス3回戦世界ランク4位で第2シードの錦織圭(27=日清食品)は、同…[ 記事全文 ]
鳴門ボートまた爆破予告で中止順延 爆弾見つからず 日刊スポーツ3月26日(日)16時15分
26日に予定されていた徳島県の鳴門ボート最終日は、爆破予告が入ったため、5R以降が中止になった。[ 記事全文 ]
三段目取組で誤審=勝負結果は変わらず—大相撲春場所 時事通信3月26日(日)20時30分
大相撲春場所千秋楽の26日、三段目の取組で誤審があった。翠富士が西山を攻めていた流れの中で、西山のまわしの一部が土俵についた。[ 記事全文 ]
「普通の力士なら休場」でも稀勢は休場選択肢なかった スポーツニッポン3月27日(月)6時38分
◇大相撲春場所千秋楽(2017年3月26日エディオンアリーナ大阪)稀勢の里は千秋楽を終えても負傷について多くを語らなかった。[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア