群馬から移籍のMF瀬川、先輩・江坂は「意識せざるを得ない」

1月14日(土)20時7分 サッカーキング

大宮の新体制発表記者会見に臨んだ瀬川

写真を拡大

 大宮アルディージャの新体制発表会記者会見が14日に行われ、ザスパクサツ群馬から移籍したMF瀬川祐輔が会見に臨んだ。

 昨シーズン、プロ1年目ながら群馬で13得点を挙げ、J1クラブへのステップアップを果たした瀬川。群馬で結果を残し、大宮に移籍というルートは、MF江坂任に次いで2人目となった。瀬川は「J1でどれだけできるかは分からない」と話しながらも、先輩である江坂がJ1でブレイクしたことについては「意識せざるを得ない」とコメント。ただ、「J1での個人成績も大事ですけど、大宮はタイトルが穫れるチームだと思っているので、まずはチームに貢献して、それが個人の数字にもつながればいいかなと思っています」とJ1への意気込みを語った。

 また、本拠地であるNACK5スタジアム大宮は「インカレ(全日本サッカー選手権大会)の準決勝で負けてるんですよ」と明治大学時代に涙を飲んだスタジアムであることを明かし、「その時は自分のパフォーマンスも低くて、少し嫌なイメージはありますね」と苦笑い。「でも、これを逆にモチベーションにして、いい思い出に塗り替えられれば。そういう方が僕には合っているんですよ。こっちに来てからも毎日のように、早くあのスタジアムでプレーがしたいと考えています」とJリーグ開幕を待ちきれない様子だった。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

群馬をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ