GK権田、FC東京との契約解除「欧州で可能性を探る」…昨年はSVホルンでプレー

1月14日(土)17時10分 サッカーキング

2015シーズンまでFC東京でプレーしていたGK権田修一 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 FC東京は14日、2016シーズンはSVホルン(オーストリア2部)へ期限付き移籍で加入していたGK権田修一について、両者合意の下で契約を解除することが決まったと発表した。

 権田は1989年生まれの27歳。FC東京U−15、18を経て2007年にトップチームへ昇格した。同クラブでは2015年までプレーし、2009年にヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)、2011年にJ2リーグと天皇杯制覇を果たしている。各年代別の日本代表に名を連ね、2012年にはロンドン・オリンピックのメンバーに名を連ねた。2009年以降はA代表にも招集され、2014年のブラジル・ワールドカップのメンバーにも選出されている。

 キャリア通算では、J1リーグで183試合、J2リーグで20試合に出場している権田。2015年8月、FC東京所属時にオーバートレーニング症候群と診断されたことが判明し、7月29日の明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第5節ベガルタ仙台を最後に戦列を離脱。2015シーズン中の復帰は叶わず、2016年1月にSVホルンへの期限付き移籍が発表された。

 契約解除にあたり、権田はFC東京の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「このたび、1月31日までヨーロッパでのプレーの可能性を探るために、FC東京を離れることになりました。FC東京での約19年間で、選手としてはもちろん、人間としても大きく成長させてもらいました。本当にありがとうございました」

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

FC東京をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ