負傷中のレアルFWベイル、ツイッターで順調な回復ぶりをアピール

1月14日(土)15時13分 サッカーキング

ベイルが自身の公式ツイッターで回復をアピールしている [写真]=Real Madrid via Getty Images

写真を拡大

 右足首の負傷により戦線を離脱しているレアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、自身の公式ツイッターで順調に回復していることをアピールしている。

 ベイルは昨年11月22日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節スポルティング戦で右足首を脱臼し、手術を受けることに。全治までの期間は明らかにされていないものの、最大で4カ月の離脱と見られている。

 13日、同選手は自身の公式ツイッターに、室内トレーニング中の写真とともに「僕の足首は日に日に良くなっているよ。そしてスペインの記録を更新した僕の仲間たちが力をくれるね」と投稿。順調な回復をアピールするとともに、公式戦連続無敗記録を40まで伸ばし、スペイン国内の新記録を樹立したチームメイトに刺激を受けている様子だ。

 好調を維持しているレアル・マドリードだが、リーグタイトル奪還、そして史上初のCL連覇に向けてベイルの復帰が待ち望まれる。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

負傷をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ