遠藤保仁が”串カツ部”を結成!? ファンとの交流で英気を養い、プロ20年目のシーズンに挑む

1月14日(土)21時46分 サッカーキング

ファンとの交流イベントを楽しんだG大阪の遠藤

写真を拡大

 14日、ガンバ大阪に所属する遠藤保仁が、自身のオフィシャルサイト「Yatto7(ヤットセブン)」のメンバー会員を招いての交流イベント「Yatto7串カツ部〜ヤットと串カツ好きの仲間たち〜」を開催した。

 運良く抽選に当選した30名が全国各地から参加。実際に串カツの有名チェーン店で開催され、遠藤は各テーブルを周りながらファンとの交流を楽しみつつ、自身がセレクトしたという串カツに舌鼓を打った。遠藤本人が使用したシューズなどが当たる、外れなしの抽選会も開催。ファン一人ひとりへサインをプレゼントし、2ショットでの記念撮影にも応じた。



 また、1月28日に37歳の誕生日を迎える遠藤に、スタッフとファン30名がサプライズでバースデーケーキをプレゼント。これには遠藤も驚きを隠せず、「ファンの方にこうしてお祝いしてもらうのは初めて。うれしいです」と笑顔を見せた。



 参加した女性ファンは「夢のような企画。これほど近い距離でふれあうことができて、すごくいい思い出になりました。次のイベントも期待しています!」と大満足の様子。

 一方で、遠藤は「プロスポーツ界は観てくれる方々がいてこそ成り立っているし、本当にありがたいと思っています。その想いは年々強くなっている。これからもいい距離感で、いい関係性を築いていければ」とファンへの感謝を言葉にした。

 所属するガンバ大阪は15日の新体制発表記者会見から始動し、16日からは沖縄キャンプを行う。個人としてプロ20年目のシーズンを迎える遠藤は、「昨シーズンはタイトルを取れず悔しい思いをしたが、今年はいろいろな努力をしながら、いい1年にしたい。目の前の試合やトレーニングで負けないように戦っていくことが大事。その積み重ねがあってこそ、タイトルにつながっていく」と2017シーズンの抱負を語った。

 オフ最終日にファンとの交流で有意義な時間を過ごした遠藤。雪辱に燃える2017シーズンはタイトル奪還を最大目標に据え、20年目の戦いに挑む。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

串カツをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ