BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【コラム】大宮の新たな10番・大前元紀…移籍決意の理由、見据える挑戦とは

サッカーキング1月14日(土)18時0分
画像:大宮の新体制発表会見に臨んだ大前元紀(中央) [写真]=河合拓
写真を拡大
大宮の新体制発表会見に臨んだ大前元紀(中央) [写真]=河合拓
 2016シーズン、明治安田生命J1リーグで5位に躍進した大宮アルディージャは、14日に2017シーズンの新体制会見を行った。さらなる飛躍が期待される1年だが、チームの攻撃の核として26試合に出場し、チーム最多の11得点を挙げたFW家長昭博が川崎フロンターレに完全移籍した。自らゴールを挙げるだけではなく、屈強なフィジカルを生かしたボールキープで後方からのボールを収め、ほとんど全ての攻撃に絡んでいた大黒柱の穴を埋められるかは、J1復帰2年目のポイントと言えるだろう。

 攻撃の新たな中心となることが期待されるのが、清水エスパルスから完全移籍で加入したFW大前元紀だ。2008年に流通経済大柏高から清水に加入した後、ドイツのデュッセルドルフに在籍した2012−13シーズン、2013−14シーズン以外、国内では清水一筋でプレーしてきたチームの“顔”のような存在だった。身長167センチメートルと小柄ながら、抜群のテクニックとゴール前での鋭い嗅覚を発揮し、これまでJリーグ通算192試合に出場して66得点を記録。昨季も清水で背番号「10」を纏い、J2リーグ29試合で得点ランキング3位となる18得点を挙げた。負傷による長期離脱もあったが、チームのJ1復帰に貢献した。

 清水の看板選手である大前が、大宮からのオファーを受けたのは昨年12月中旬だったという。それ以降、清水に残るべきか、大宮へ移籍するべきか、悩みに悩んだという。そして最終的に移籍を決断したのは、サッカー選手としてさらに成長したいという思いと、自身がどれだけの選手なのかを知りたかったからだと明かした。

「サッカー選手として、自分がどれだけ成功できるかを考えたとき、エスパルスに残った方がいいのか、外に出た方がいいのか、すごく悩みましたし、考えましたが、環境を変えた方が、ワンステップもツーステップもレベルが上がると思ったので決断しました。エスパルスで最高な時間を過ごしてきましたし、エスパルスは自分の中でも特別なチームでしたが、それを失くさないと、自分がどれだけのサッカー選手かはわかりません。一度、それを失くして、大宮でどれだけ自分がやれるか。個人的にはすごく楽しみです」

 大宮が大きな期待を寄せていることは、その背番号からも伝わってくる。大前が着けるのは、清水時代と同じ背番号「10」。昨季、大宮ではMF岩上祐三が10番を付けていたが、高校1年の時に着けていた47番を希望したという経緯もあって空いたエースナンバーを譲り受ける形となった。大前は「いろいろなタイミングがあって用意してもらった番号だと思います。そういう番号を用意してくれたことは、高い評価をもらえていると思いますし、その評価をピッチの上での結果で証明できたらと思います」と、新たなクラブで10番を着ける責任感を口にした。

 新体制会見に出席した渋谷洋樹監督は、「得点を決めるところでのキックの質、クロスの質、FKやセットプレー、シュートのところ。最後の教えられない部分を持っている選手だなと思っています」と、大前について話した。昨シーズンの失点数「36」はJ1で3番目に少なかった大宮だが、得点は「41」と決して多くはなかった。自身にもゴールが求められることを強く自覚する大前は、「背番号を超えるくらいのゴール数を取ることは、最低限ですね。それは目標ではありません」と、語気を強めた。

 昨季、J1、リーグカップ、天皇杯と、全大会でクラブ史上最高の成績を残した大宮を、さらなる高みに導けるか。これまでとは違うエンブレムの付いたオレンジ色のユニフォームを身に着け、「あまり違和感がなくて良かった」と白い歯をこぼした大前は、「去年より成績が悪くなれば、僕も、チームも、批判されると思います。そういう意味では去年の成績が最低限の目標。タイトルを獲れるチームだと思うので、そこは意識してやっていきたい」と、新たな挑戦を見据えた。

取材・文=河合拓
(C) SOCCERKING All rights reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「【コラム】大宮の新たな10番・大前元紀…移籍決意の理由、見据える挑戦とは」の関連ニュース

注目ニュース
データが示す名手イチローの右翼守備 打撃と並び守備でも歴史的領域へ フルカウント4月25日(火)11時22分
メジャー史を彩る偉人と並ぶ存在に、右翼手としての出場試合数は“殿堂”レベルマイアミ・マーリンズは24日(日本時間25日)までに18試合を消…[ 記事全文 ]
【衝撃サッカー動画】黒い煙が観客席を覆い尽して試合が一時中断! 暴徒化したサポーターに世界が恐怖 ロケットニュース244月25日(火)14時31分
いよいよ欧州サッカーもシーズン大詰め。昨年から続く長い戦いも、あと数試合で終わりを迎えようとしている。[ 記事全文 ]
ソフトバンク内川ヒヤリ! 練習中に打球直撃で病院直行も試合は出場へ フルカウント4月25日(火)16時7分
左手首に打球直撃も工藤監督「(試合には)出ますよ」ヒヤリとするアクシデントが起きた。[ 記事全文 ]
“元祖・悪徳レフェリー”阿部四郎さん、肺炎のため死去  スポーツ報知4月25日(火)16時28分
全日本女子プロレスのレフェリーを務めた阿部四郎さんが、25日、肺炎のため死去した。76歳だった。「ZERO1」が発表した。[ 記事全文 ]
【DeNA】筒香、85打席で本塁打0「完全にWBCの後遺症」坪井コーチ スポーツ報知4月25日(火)6時2分
日本中を熱狂させた第4回WBCが終わって1か月が経過した。ペナントレースを戦う侍ジャパンのメンバーの中には、不調に苦しんでいる選手がいる。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 データが示す名手イチローの右翼守備 打撃と並び守備でも歴史的領域へフルカウント4月25日(火)11時22分
2 浅田真央さん「頂けて光栄」 新設の愛知県民栄誉賞共同通信 47NEWS4月24日(月)17時39分
3 ダルビッシュ快投の裏でアクシデント発生!? 次男にボール直撃と聖子報告フルカウント4月25日(火)8時4分
4 大リーグ機構 報復球に関わった2選手に出場停止処分スポーツニッポン4月25日(火)9時48分
5 本田獲得に「J複数クラブが興味」候補に神戸、鳥栖など…ミラン関係者明言スポーツ報知4月25日(火)4時3分
6 本田、なぜ突然使われた? 短時間でも上々のプレー、疲弊するミランの助けになる可能性もフットボールチャンネル4月24日(月)12時46分
7 宇佐美アウクスブルクで亀裂 残留争いで仲間割れ日刊スポーツ4月24日(月)19時20分
8 ロンドン五輪銅メダリストの立石、引退会見「日の丸を背負えたことは水泳人生の誇り」スポーツ報知4月24日(月)18時41分
9 新井、阿部、鳥谷ら、“おじさん選手”活躍それぞれの理由NEWSポストセブン4月24日(月)11時0分
10 WBC出場選手「どん底後遺症VSウハウハバブル」の天国と地獄(2)菊池涼介はメジャー志望が芽生えた?アサ芸プラス4月24日(月)5時56分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア