BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【コラム】大宮の新たな10番・大前元紀…移籍決意の理由、見据える挑戦とは

サッカーキング1月14日(土)18時0分
画像:大宮の新体制発表会見に臨んだ大前元紀(中央) [写真]=河合拓
写真を拡大
大宮の新体制発表会見に臨んだ大前元紀(中央) [写真]=河合拓
 2016シーズン、明治安田生命J1リーグで5位に躍進した大宮アルディージャは、14日に2017シーズンの新体制会見を行った。さらなる飛躍が期待される1年だが、チームの攻撃の核として26試合に出場し、チーム最多の11得点を挙げたFW家長昭博が川崎フロンターレに完全移籍した。自らゴールを挙げるだけではなく、屈強なフィジカルを生かしたボールキープで後方からのボールを収め、ほとんど全ての攻撃に絡んでいた大黒柱の穴を埋められるかは、J1復帰2年目のポイントと言えるだろう。

 攻撃の新たな中心となることが期待されるのが、清水エスパルスから完全移籍で加入したFW大前元紀だ。2008年に流通経済大柏高から清水に加入した後、ドイツのデュッセルドルフに在籍した2012−13シーズン、2013−14シーズン以外、国内では清水一筋でプレーしてきたチームの“顔”のような存在だった。身長167センチメートルと小柄ながら、抜群のテクニックとゴール前での鋭い嗅覚を発揮し、これまでJリーグ通算192試合に出場して66得点を記録。昨季も清水で背番号「10」を纏い、J2リーグ29試合で得点ランキング3位となる18得点を挙げた。負傷による長期離脱もあったが、チームのJ1復帰に貢献した。

 清水の看板選手である大前が、大宮からのオファーを受けたのは昨年12月中旬だったという。それ以降、清水に残るべきか、大宮へ移籍するべきか、悩みに悩んだという。そして最終的に移籍を決断したのは、サッカー選手としてさらに成長したいという思いと、自身がどれだけの選手なのかを知りたかったからだと明かした。

「サッカー選手として、自分がどれだけ成功できるかを考えたとき、エスパルスに残った方がいいのか、外に出た方がいいのか、すごく悩みましたし、考えましたが、環境を変えた方が、ワンステップもツーステップもレベルが上がると思ったので決断しました。エスパルスで最高な時間を過ごしてきましたし、エスパルスは自分の中でも特別なチームでしたが、それを失くさないと、自分がどれだけのサッカー選手かはわかりません。一度、それを失くして、大宮でどれだけ自分がやれるか。個人的にはすごく楽しみです」

 大宮が大きな期待を寄せていることは、その背番号からも伝わってくる。大前が着けるのは、清水時代と同じ背番号「10」。昨季、大宮ではMF岩上祐三が10番を付けていたが、高校1年の時に着けていた47番を希望したという経緯もあって空いたエースナンバーを譲り受ける形となった。大前は「いろいろなタイミングがあって用意してもらった番号だと思います。そういう番号を用意してくれたことは、高い評価をもらえていると思いますし、その評価をピッチの上での結果で証明できたらと思います」と、新たなクラブで10番を着ける責任感を口にした。

 新体制会見に出席した渋谷洋樹監督は、「得点を決めるところでのキックの質、クロスの質、FKやセットプレー、シュートのところ。最後の教えられない部分を持っている選手だなと思っています」と、大前について話した。昨シーズンの失点数「36」はJ1で3番目に少なかった大宮だが、得点は「41」と決して多くはなかった。自身にもゴールが求められることを強く自覚する大前は、「背番号を超えるくらいのゴール数を取ることは、最低限ですね。それは目標ではありません」と、語気を強めた。

 昨季、J1、リーグカップ、天皇杯と、全大会でクラブ史上最高の成績を残した大宮を、さらなる高みに導けるか。これまでとは違うエンブレムの付いたオレンジ色のユニフォームを身に着け、「あまり違和感がなくて良かった」と白い歯をこぼした大前は、「去年より成績が悪くなれば、僕も、チームも、批判されると思います。そういう意味では去年の成績が最低限の目標。タイトルを獲れるチームだと思うので、そこは意識してやっていきたい」と、新たな挑戦を見据えた。

取材・文=河合拓
(C) SOCCERKING All rights reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「大宮」をもっと詳しく

注目ニュース
峰竜太あわや大事故「死んだと思いました」/福岡 日刊スポーツ5月23日(火)20時10分
<福岡ボート:ボートレースオールスター>◇SG◇初日◇23日あわや大事故!12Rドリーム戦の1周2M、イン戦でまくられバック最後方だった峰…[ 記事全文 ]
巨人・菅野 ピンチに圧巻3連続K「いつも通りできた」 スポーツニッポン5月23日(火)21時48分
◇セ・リーグ巨人1—0阪神(2017年5月23日甲子園)7回6安打無失点でリーグトップの6勝目。[ 記事全文 ]
村田に公平な戦いを WBO、WBCが次戦打診 本人は現役に含み スポーツニッポン5月23日(火)7時8分
ボクシングのWBA世界ミドル級王座決定戦(20日、有明コロシアム)で不可解な判定負けを喫した村田諒太(31=帝拳)に対し、WBOやWBCか…[ 記事全文 ]
全治1か月の重傷を負いながらも痛みに耐え、ファンのために踊り続ける“女性”とは スポーツ報知5月23日(火)14時1分
激痛に耐えながらも踊り続ける一人の女性、いえいえ、1匹の雌エゾリスがいる。昨年、10年ぶりのプロ野球日本一に輝いた日本ハムの球団初の女子マ…[ 記事全文 ]
広島の野村、腰に違和感=プロ野球 時事通信5月23日(火)22時57分
広島の野村祐輔投手は23日、ヤクルト10回戦(マツダ)で登板中に腰に違和感を覚え、三回を投げ終えて降板した。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 村田に公平な戦いを WBO、WBCが次戦打診 本人は現役に含みスポーツニッポン5月23日(火)7時8分
2 峰竜太あわや大事故「死んだと思いました」/福岡日刊スポーツ5月23日(火)20時10分
3 全治1か月の重傷を負いながらも痛みに耐え、ファンのために踊り続ける“女性”とはスポーツ報知5月23日(火)14時1分
4 佳純は米、美宇はラーメン…卓球日本代表、海外遠征の“おとも”はスポーツニッポン5月23日(火)11時28分
5 レスター岡崎、去就気持ち複雑 残留基本線も「どうするかな」スポーツニッポン5月23日(火)7時8分
6 高梨沙羅「ウィメンズヘルス」記念冊子の表紙に抜擢日刊スポーツ5月23日(火)5時1分
7 オリックス 奥浪に無期限謹慎処分 免停中に人身事故 外出、練習禁止 寮で奉仕作業スポーツニッポン5月23日(火)16時48分
8 アーセナルのエースが「バイエルン所属」に!? 代表ツイッターが皮肉なミスフットボールチャンネル5月23日(火)12時40分
9 窮地に陥った田中将大に何が起きているのか…データから探る不調の原因とは?フルカウント5月23日(火)19時23分
10 19歳の“韓国のメッシ”「日本はライバルとは思わない」=韓国ネット「生意気発言ではなく事実」「欧州の選手が日本を気にするわけがない」Record China5月22日(月)16時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア