サプライズ発表の名古屋GKランゲラック「すべてを出し切る」

1月14日(日)23時28分 サッカーキング

日本への好印象を語ったランゲラック

写真を拡大

 名古屋グランパスは14日、2018シーズン体制発表会を実施した。この日サプライズで加入が発表されたオーストラリア代表GKランゲラックは繰り返し「ワクワクしています」と興奮を語った。

 突然の発表だった。壇上のスクリーンにランゲラックのプロフィールが映し出され、小西工己社長が加入を発表。会場はこの日一番とも言える盛り上がりを見せた。その後に新加入選手として元ブラジル代表FWジョーとともに会場後方から姿を現し、集まったサポーターとハイタッチを交わしながら壇上に登った。

 ランゲラックはまず「グランパスというチームはJリーグの中でも大きなチームです。この中で戦えることは私の喜びであり、今からワクワクしています。皆さんと一緒に戦っていきたいと思います。よろしくお願いします」と挨拶。すでに何人かの選手と会話を交わしたと明かし、「温かい歓迎を受けました。選手だけでなく日本人の方はとてもフレンドリーで感謝しています」と語った。

 ドイツでの豊富な経験を持つランゲラックは過去にドルトムントに所属し、MF香川真司とプレーした過去を持つ。守護神として君臨したシュトゥットガルト時代にはMF細貝萌、FW浅野拓磨と同僚にもなった。日本移籍の際にもコンタクトを取ったようで、「一緒にいろいろ話しながら、日本のことも学んでいます。本当にポジティブな情報がたくさんあります」と明かした。

 ランゲラックは守護神の座についても言及。「絶対に試合に出たい」と思いを語り、サポーターへメッセージを送った。

「皆さまからこのような歓迎を受けまして、本当に感謝しています。GKとしてすべてを出し切りたいと思いますし、今シーズン皆さまと戦っていきたいと思います。本当に皆さまの応援が必要です。後ろから後押ししてください。私としてもGKの中で絶対に試合に出て、皆さまのためにプレーしたいと思います。よろしくお願いします」

サッカーキング

「サプライズ」をもっと詳しく

「サプライズ」のニュース

BIGLOBE
トップへ