マンU指揮官、A代表への召集が噂される18歳FWに言及「もう少し落ち着かせよう」

1月14日(火)22時34分 サッカーキング

マンチェスター・Uに所属するグリーンウッド [写真]=Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・Uのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、同チームに所属するU−21イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドについて語った。14日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 今シーズン、マンチェスター・Uの下部組織からトップチームに昇格したグリーンウッドは、ここまで公式戦で9得点を記録する活躍を見せている。現地では、11日に行われたプレミアリーグ第22節ノリッジ戦でも途中出場からゴールネットを揺らした18歳のFWに、EURO欧州選手権を控えるイングランドのA代表への招集が期待されている模様だ。

 しかしスールシャール監督は、同選手が上のカテゴリーで活躍するためには、もっと時間が必要だと主張している。以下のように語った。

「メイソンは最高のキャリアをスタートさせた。それに、これからの先も長い選手だ。イングランド代表やEUROについて話をする前に、もう少し彼を落ち着かせようじゃないか」

「今の彼に必要なことは、マンチェスター・Uのためにより長い時間プレーし、改善を続けることだ。そうすれば自然と、A代表に相応しい選手になる。近ごろU−21のイングランド代表に呼ばれたようにね。とにかく今は、サッカーに集中してほしいと思っているよ」

 イングランド代表は、キャプテンを務めるトッテナムのFWハリー・ケインがハムストリングを負傷し長期離脱を強いらている状況だが、スールシャール監督はより慎重にグリーンウッドを育てたいと考えているようだ。

サッカーキング

「マンU」をもっと詳しく

「マンU」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ