【日本ハム】清宮フィーバー対策 鎌ケ谷14日新人歓迎式典で梨畑、中学校が駐車場に

1月14日(日)6時2分 スポーツ報知

日本ハムの新人合同自主トレで西村(左)とともに坂道を駆け上がった清宮(右)

写真を拡大


 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18)らが参加し、14日に千葉・鎌ケ谷の室内で行われる新入団選手歓迎式典(午後2時スタート)で、清宮フィーバーに備えて、近隣の梨畑と中学校に臨時駐車場が設けられることが13日、分かった。

 球場駐車場には約250台を収容可能だが、関係者は「おそらく満車になるでしょう。斎藤選手の時もすごかったが、清宮選手の人気もすごい」と予測。臨時駐車場として、地元名物を生産する「鈴木梨園」の敷地に加え、鎌ケ谷四中では生徒の部活終了後にグラウンドが提供される。

 入場前売り券2000枚は昨年12月21日の発売から3日間で完売。室内に入れないファンのために球場の内野席を開放し、パブリックビューイングが行われ、札幌濃厚みそラーメンなど屋台4店舗も軒を連ねる。

 12日に視力の測定を行った清宮は「1・5でした。目を大切にしないといけない」。この日の新人合同自主トレのマシン打撃では、新たにヘッドの先端をくりぬいたバットを試し、ティー打撃と合わせて60スイング。歓迎式典では自己紹介、ファンとの交流などが予定され、清宮のマイクにも注目が集まる。(山崎 智)

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

駐車場をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ