【ロッテ】ドラ2位・藤岡、小坂以来21年ぶりの新人開幕遊撃スタメンを宣言

1月14日(日)7時1分 スポーツ報知

新人合同自主トレに参加した藤岡裕

写真を拡大


 ロッテのドラフト2位・藤岡裕大内野手(24)=トヨタ自動車=が13日、球団新人では97年の小坂(現2軍内野守備走塁コーチ)以来となる遊撃開幕スタメンを目標に掲げた。石垣キャンプ初日にはシート打撃が行われ、サバイバル戦争が幕を開けるだけに「競争で勝ち残った選手が試合に出る。しっかり競争に食い込んで、開幕スタメンで出られるように結果を出したい」と決意を口にした。

 この日はロッテ浦和での新人合同自主トレでロングティー打撃を解禁し「思っていたよりは振れていた」と58スイング中、サク越え6発。即戦力の実力の一端を示した。

 岡山理大付高では投手、亜大では主に三塁を守り、社会人では外野にも挑戦してきたが、これまでの野球人生で「大きなけがをしたことがない」という“鋼の肉体”の持ち主。トヨタ自動車1年目にはブルペンでアップシューズのまま150キロを計測したほどの強肩も売りで「投げることには自信がある。そこも生かしていきたい」。他の遊撃候補は15年ドラ1の平沢や三木。球団21年ぶりの快挙へ“第3の男”がマクレるか。(長井 毅)

 ◆藤岡 裕大(ふじおか・ゆうだい)1993年8月8日、岡山市生まれ。24歳。4歳から野球を始め、岡山理大付では甲子園出場なし。亜大でリーグ史上23人目となる通算100安打達成も15年ドラフトでは指名漏れ。トヨタ自動車では社会人日本代表で主に遊撃手。50メートル走5秒9、遠投120メートル。178センチ、77キロ。右投左打。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ロッテをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ