【京成杯】今年も1戦1勝馬には厳しい壁 デルタバローズは13着に終わる

1月14日(日)17時24分 スポーツ報知


 ◆第58回京成杯・G3(1月14日、中山競馬場・芝2000メートル、良)

 3歳馬15頭によって争われた。田辺裕信騎手が手綱を執った1番人気のジェネラーレウーノ(牡、父スクリーンヒーロー、美浦・矢野英一厩舎)が2番手追走から直線で抜け出して優勝。未勝利、500万特別に続く3連勝で、重賞初制覇を飾った。2着は中団から伸びた2番人気のコズミックフォース(戸崎圭太騎手)、3着は6番人気のイェッツト(蛯名正義騎手)だった。

 石橋騎手(デルタバローズ=13着)「返し馬からゆっくり行きたかったんだけど、ガツンと(ハミを)かんでいった。レースで我慢はしていたけど、抜け出してからふわっとした」

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

騎手をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ