【阪神】桑原、キャンプはVIP調整 金村コーチ「こちらからブレーキを」

1月14日(日)7時1分 スポーツ報知

キャッチボールを行う桑原(2018年1月12日撮影)

写真を拡大


 阪神・桑原謙太朗(32)が、2月の沖縄・宜野座キャンプで「VIP調整」を許されることが13日、分かった。昨年は高知・安芸の2軍キャンプで、2月1日からシート打撃登板の超早仕上げを強いられていた。戦力外の崖っ縁から、大逆転で中継ぎエースに上り詰めた右腕は、キャンプでの待遇も激変する。

 プロ11年目で初めて、キャンプからアピールする必要がなくなった。17年はリーグ3位の67試合に登板し、4勝2敗39ホールド、防御率1・51。甲子園を訪れた金村投手コーチは「(酷使した)肩をリセットしないといけないし、自分のペースでやらせた方がいいと、香田さん(投手コーチ)とも話した。こちらからブレーキを」と説明。キャンプは藤川、高橋聡と3人で、ベテラン中継ぎ組として調整させる方針を明かした。

 甲子園で自主トレを行った桑原は「2月1日に(万全で)行けるようにするだけです」と、すでに今月8日には鳴尾浜でブルペン入り。例年通りのハイピッチ調整を続けているが、首脳陣の要望を受け、スローダウンすることになりそうだ。(島尾 浩一郎)

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

キャンプをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ