BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

阪神・岡崎 高山バットで正捕手バトル制す「これだ!と」

スポーツニッポン1月14日(土)7時18分
画像:プレゼントを受け取る横山(左)と岡崎
写真を拡大
プレゼントを受け取る横山(左)と岡崎
 阪神の岡崎太一捕手(33)が13日、大阪府富田林市の障がい福祉施設「四天王寺和らぎ苑」を訪問。質問コーナーなどで交流して子どもたちを元気づけるとともに、自身は「高山バット」で打力向上を目標に掲げた。

 「捕手としての守備は大前提として、その上でやっぱり打たないと試合出場のチャンスが増えない。いろいろな選手のバットを試していたら、高山のが軽くて振りやすくて“これだ!”と思ったんです」

 昨季までは910グラムで、グリップの部分が円すい形のようになだらかに太くなっていくタイカッブ型を使用。テーピングを巻くなど工夫を施していたが、900グラム弱で、そのグリップ部分もノーマルなタイプの高山バットに一目惚れ。1本を借りて自身のメーカー「ウィルソン」に同じものを作成してもらうように発注し、すでに甲子園室内練習場で打ち込んでいる。

 「スイングのスピードも出るし、バットコントロールもしやすい。外野手の間を抜くようなイメージで振っています」

 昨年は、入団12年目で初めて開幕スタメンマスクをかぶった。左手有鉤(ゆうこう)骨を骨折して7月14日に出場選手登録を抹消されるまで主戦として自身最多の38試合に出場したが、打率・200、5打点、0本塁打。原口や新人だった坂本の台頭を許すきっかけをつくってしまった。

 「今年ダメなら終わる。彼らはスタメン100試合と言っているみたいですが、ボクは全試合フルイニングで出るつもり。矢野コーチからも力が同じだったら若い選手が優先…と言われている。捕手最年長ですが一番声を出して、一番動いてアピールしていきます」

 矢野コーチは03年に35歳となるシーズンで自身初優勝。今年6月で34歳になる岡崎もまだまだ老け込む年齢じゃない。守備の総合力はNo・1の評価。新人王バットを携え、2017年はさらに「打の岡崎」も武器にする。 (畑野 理之)

はてなブックマークに保存

スポーツニッポン

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「阪神・岡崎 高山バットで正捕手バトル制す「これだ!と」」の関連ニュース

注目ニュース
錦織、フェデラー戦へセンターコートでマリーと練習 日刊スポーツ1月22日(日)10時6分
テニスの4大大会今季初戦、全豪オープンで、22日、日本時間午後5時開始予定の4回戦で、世界17位のフェデラー(スイス)と対戦する同5位の錦…[ 記事全文 ]
横審に最終決定権も協会内の「綱」固まる…千秋楽待たず綱誕生へ動き出るのは異例 スポーツ報知1月22日(日)7時51分
◆大相撲初場所14日目○稀勢の里(寄り切り)逸ノ城●(21日・両国国技館)東大関・稀勢の里(30)=田子ノ浦=が悲願の初優勝を達成した。[ 記事全文 ]
【全豪オープン】錦織、フェデラー戦前に世界ランク1位・マリーと練習 スポーツ報知1月22日(日)8時50分
◆テニス全豪オープン第7日▽男子シングルス4回戦錦織圭—フェデラー(22日・メルボルン)男子シングルス第5シードの錦織圭(27)=日清食品…[ 記事全文 ]
浅田真央「全日本選手権惨敗」でも平昌五輪出場へ向けての特例措置がある? アサ芸プラス1月21日(土)9時56分
昨年12月の女子フィギュアスケート全日本選手権で、浅田真央(26)は自己ワーストの12位と惨敗。[ 記事全文 ]
【稀勢父・貞彦さん独占手記】親心を吐露 「おめでとう」と言うより「気の毒」 スポーツニッポン1月22日(日)8時48分
◇稀勢の里初V稀勢の里の父、萩原貞彦さん(71)は優勝を決めた瞬間を茨城県牛久市の実家で迎えた。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア