BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

スベリ気味だけど…オリT—岡田 「ますおか」直伝の本塁打パフォ

スポーツニッポン1月14日(土)6時28分
画像:収録に訪れたますだおかだのおかだ(右)からパフォーマンスを伝授されるT―岡田
写真を拡大
収録に訪れたますだおかだのおかだ(右)からパフォーマンスを伝授されるT―岡田
 オリックスのT—岡田外野手(28)が13日、神戸市内で球団情報番組「オリックス日和」の収録に参加。MCを務め、本塁打を打った際のパフォーマンス作成を依頼していた漫才コンビ「ますだおかだ」の岡田圭右(48)から、スベり気味のパフォーマンスを無理やり伝授された。

 なぜか格闘家・小川直也のハッスルポーズに似た構えから「勝利をいただき!」と叫ぶもので、しぶしぶ了承。サムい雰囲気は熱いプレーで吹き飛ばす構えだ。

 最高気温9度の収録現場が、さらに冷え込んだ。スベリ芸の本領を発揮した岡田が、まず自信満々に披露したのが、上げた右腕をぐるぐる回してから両手でT字を作り「ホ〜ムラ〜ン、T!」。イマイチの出来に現場は静まり返り、T—岡田も「ちょっと保留で…。みんなができる方がいいので」と、やんわり拒否。岡田が慌てて、ひねり出したのが先の新ネタだった。

 お立ち台で恒例となっている掛け声「勝利を頂(いただき)!」にちなんだもので、本塁を踏みベンチに戻ってからスタンドを指さし「勝利を」と客席に呼びかけてからハッスルポーズで「いただき!」。こちらも不評だったが、最後は岡田が「いいやろ、なっ? これで決定!」と半ば強引に収録を終え、意気揚々と立ち去っていった。

 T—岡田は収録前に青濤館で自主トレも公開。選手会長として迎える12年目シーズンに向け、自身初の143試合フル出場とキャリアハイを宣言。「全試合スタメンが最低限で、キャリアハイを目指したい。芯に当たればホームランにする自信はあるが、意識し過ぎてもダメ。その意味で打点を意識したい」。過去最多打点は2010年の96。新パフォーマンスにつながる快音を連発して100の大台に乗せ、スタンドのファンを熱くする。 (湯澤 涼)

はてなブックマークに保存

スポーツニッポン

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「スベリ気味だけど…オリT―岡田 「ますおか」直伝の本塁打パフォ」の関連ニュース

注目ニュース
新エンブレムに戸惑うユーベファン「冗談だと言ってくれ」。一方で支持の声も フットボールチャンネル1月17日(火)17時3分
ユベントスは現地時間16日、2017/18シーズンから使用する新エンブレムを発表した。[ 記事全文 ]
高梨沙羅、美メイクの陰にあの大手化粧品メーカーの力 NEWSポストセブン1月16日(月)16時0分
インタビューに答えるスキージャンプ女子の高梨沙羅(20)の、笑顔の“輝き”が明らかに増した。[ 記事全文 ]
全豪オープン 錦織以外総崩れ 土居も格下に敗北 スポーツニッポン1月17日(火)7時18分
◇全豪オープンテニス第1日(2017年1月16日オーストラリア・メルボルンパーク)初日に登場した錦織以外の日本勢は総崩れとなった。[ 記事全文 ]
マラドーナ氏、浮気相手と再会「息子に謝りたい」 日刊スポーツ1月17日(火)17時58分
アルゼンチンの英雄でナポリで活躍したディエゴ・マラドーナ氏(56)は、16日にナポリのサンカルロ劇場でショーに出演し、舞台の上で自分の人生…[ 記事全文 ]
岡崎が内田のチームメートに? 選手をよく知るシャルケSDが獲得に興味か フットボールチャンネル1月17日(火)12時40分
レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司に対し、シャルケが関心を示しているようだ。独紙『ビルト』が伝えている。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア