名古屋 豪州代表GK獲得を発表「ミッチと呼んでください!」

1月14日(日)16時8分 スポーツニッポン

名古屋の新体制発表会にサプライズ登場したオーストラリア代表GKランゲラック(右)と元ブラジル代表FWジョー

写真を拡大

 今季J1に復帰する名古屋は14日、スペイン1部レバンテからオーストラリア代表GKミチェル・ランゲラック(29)獲得を発表した。

 ランゲラックはメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)でキャリアをスタートさせ、ドルトムント(ドイツ)ではMF香川真司とともにプレーし、その後シュトゥットガルト(ドイツ)を経て、17年夏にレバンテに加入した。オーストラリア代表としては国際Aマッチ8試合出場。W杯出場を決めた大陸間プレーオフ・ホンジュラス戦にも招集されていた。

 ランゲラックはクラブHPを通じて「はじめまして。ミッチェル・ランゲラックです。ミッチと呼んでください!このような機会をあたえていただき、ありがとうございます。今は日本へ来られてとてもワクワクしています。日本・名古屋の環境、名古屋グランパスがビッククラブであることを香川真司選手やケネディ選手から聞いていました。ひとつでも多くチームの勝ち点に貢献できるよう誠実に頑張ります。リーグ開幕が待ち遠しく、いち早くファン・サポーターの皆さまに会えることを楽しみにしています」とコメントした。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

名古屋をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ