稀勢、初場所に向け淡々 再起へ「頑張るだけ」初日VS貴景勝

1月14日(日)7時8分 スポーツニッポン

初場所の土俵祭りの前に緊張した面持ちの(左から)稀勢の里、白鵬、鶴竜

写真を拡大

 ◇14日初日大相撲初場所

 再起を目指す稀勢の里は、土俵祭りを終えると初日へ向けて「頑張るだけ」と淡々と話して引き揚げた。優勝した昨年春場所で痛めた左上腕部の故障が長引き、4場所連続で休場。そのうち3場所が途中休場だ。心配される体の状態については「いいんじゃないか」と多くを語らなかった。

 初日の貴景勝、2日目の北勝富士は昨年九州場所で敗れている難敵。回復具合を占う2日間になりそうだ。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

初場所をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ