炎鵬、天敵・松鳳山に初勝利 解説の陸奥親方「炎鵬の作戦勝ち」と勝因を分析

1月16日(木)18時3分 AbemaTIMES

大相撲初場所>◇五日目◇16日◇東京・両国国技館

 前頭五枚目・炎鵬(宮城野)が前頭七枚目・松鳳山(二所ノ関)を引き落としで下し、3勝目(2敗)をあげた。

 これまで4戦全敗と相性の悪い天敵・松鳳山にようやく勝利した炎鵬。AbemaTVで解説を務めた元大関・霧島の陸奥親方は「炎鵬の作戦勝ちといいますか、何かやるぞっていう(雰囲気で)、(松鳳山が)突っ張っていけなかった」と、立ち合いの変化などで撹乱した作戦が功を奏したと勝因を分析。

 最後は「色々な技を出すと、当たる相手も混乱するんですよね。『何かしてくるんじゃないか』と色々考えているうちに、相手を見すぎて足が出なくなってくるんですよね」と、敗れた松鳳山の心境を推測した。
(AbemaTV/大相撲チャンネルより
 

▶【映像】作戦勝ち!炎鵬が天敵・松鳳山に勝利(1時間2分頃〜)

AbemaTIMES

「炎鵬」をもっと詳しく

「炎鵬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ