大関の意地! 横綱不在の場所で貴景勝が1敗を死守

1月16日(木)19時25分 AbemaTIMES

大相撲初場所>◇五日目◇16日◇東京・両国国技館

 大関・貴景勝千賀ノ浦)が前頭三枚目・玉鷲(片男波)を突き落としで下し、1敗(4勝)を守った。

 昨日は好調な遠藤に勝利し1敗を死守した貴景勝。五日目から鶴竜(陸奥)も休場となったため、横綱不在の場所を大関として引っ張っていくことになった。

 呼吸が合わず仕切り直しての立ち合いとなったが、やや遅れ気味に立って重心の高い玉鷲を突き落とし、貴景勝は難なく勝利を手にした。

 AbemaTVで解説を務めた元大関・霧島の陸奥親方は取組について「重心が違いましたね。(玉鷲は)立ち遅れみたいな立ち合いになりましたね」と分析。続けて「重心が低いのは武器ですからね。相手が引きたくなるくらい低く感じていると思う」と貴景勝の持ち味について言及した。
(AbemaTV/大相撲チャンネルより
 

▶【映像】大関・貴景勝が1敗を死守(40分頃〜)

AbemaTIMES

「貴景勝」をもっと詳しく

「貴景勝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ