トヨタの生産技術を将来の電動垂直離着陸機に。新たな空のモビリティ事業に参入へ

1月16日(木)11時48分 AUTOSPORT web

 トヨタ自動車は1月15日、空を飛ぶ新しいモビリティ事業としてeVTOL電動垂直離着陸機の開発・実用化を進めるジョビー・アビエーションと協業することに合意したと発表。同社に3.94億ドル(約433億円)の出資を行う。


 都市部の渋滞や環境負荷の低減、さらに過疎地域の輸送手段の確保など、国内に留まらず世界規模で抱えるさまざまな交通課題の解決に向け、eVTOLを用いたモビリティサービスの実現が期待されているなか、トヨタは既存モビリティである自動車の開発や生産、アフターサービスで培った強みを活かし、この分野の早期実現に向けた取り組みをスタートさせる。


 eVTOLの開発・製造における技術は電動化、新素材、コネクティッドなどの分野において、トヨタが目指す次世代環境車のテクノロジーとの共通点も多く、同社ではeVTOLは自動車事業との相乗効果を活かした新たなモビリティ事業に発展する可能性があると考えているという。


 そんなトヨタと協業することになったジョビー・アビエーションは、ジョーベン・ビバートCEOによって2009年にアメリカで設立されたベンチャー企業だ。カリフォルニア州サンタクルーズに本社を構え、5人乗りeVTOLを用いた空飛ぶタクシーサービスの提供を目指して次世代航空機の開発に取り組む。


「今回の協業は、世界を代表する自動車メーカーによるジョビー・アビエーションおよび、この新しい産業に対する資金とリソーセス面での前例のないコミットメントだ」と語るのは、創業者であるビバートCEO。


「トヨタは、その細部まで行き届いた製造工程がもたらす商品の品質と信頼性の高さで世界中に知られている。10億人以上の毎日1時間以上の通勤時間短縮を手助けするという私たちの夢の実現に向け、トヨタのエンジニアリングと優れた製造技術を活用できることを楽しみにしているんだ」

ジョビー・アビエーションのロゴマーク
ジョビー・アビエーションのロゴマーク


 トヨタの豊田章男社長は、空のモビリティの実用化が同社創業以来の夢であると語り、夢の実現に向けて貢献できることを歓迎する声明を発表した。


「トヨタは自動車事業に加え今回、Joby Aviationという力強いパートナーとともに、新たに“空”のモビリティ事業にチャレンジします」と豊田社長。


「空のモビリティは、未来のモビリティ社会における人々の移動と生活を大きく変革する可能性を秘めており、空のモビリティの実用化はトヨタ創業以来の夢でもあります。今回の協業により、陸だけでなく空にも、移動の自由と楽しさをお届けするモビリティの実現に貢献できることをうれしく思います」


 トヨタは今回、ジョビー・アビエーションが5.9億ドル(約648億円)を調達した“シリーズC”のリードインベスターとして、3.94億ドル(約433億円)の出資を行うことを決定した。これに伴いトヨタの友山茂樹副社長が、アメリカンベンチャーの取締役に就任している。


AUTOSPORT web

「トヨタ」をもっと詳しく

「トヨタ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ