ミラン、ローマFWウンデルとスソのトレード実現を目指す

1月16日(木)18時0分 FOOTBALL TRIBE

ジェンギズ・ウンデル(左)とスソ(右)写真提供: Gettyimages

 ミランはスペイン代表FWスソと、ローマのトルコ代表FWジェンギズ・ウンデルのトレード移籍を目指しているようだ。イタリアメディア『スカイスポーツ・イタリア』が報じている。

 セリエA第19節までを終えて7勝4分8敗と、苦しいシーズンを過ごしているミラン。戦力の大幅な入れ替えも予想されている同クラブだが、今冬の移籍市場ではウンデルの獲得を目指しているようだ。

 報道によると、ミランはスソとウンデルのシーズン終了までのレンタルトレードを目指しているようだ。買い取りオプションを契約に付帯させることを目指しているという。

 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを獲得し、戦い方が変化し始めているミラン。4-4-2を採用したこともあり、スソの居場所がピッチ上から消えようとしている。

 また、ウンデルもローマでの出場機会が減っている選手だ。買い取りオプション付きのレンタルローンは、どちらの選手にとっても一定の利益があると考えられるだろう。果たして、移籍は実現するのだろうか。

FOOTBALL TRIBE

「ローマ」をもっと詳しく

「ローマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ