ザルツブルク、韓国代表FWの放出を完全否定。SD「どのクラブとも交渉しない」

1月16日(木)7時40分 フットボールチャンネル

 オーストリア1部のザルツブルクは同クラブに所属する韓国代表FWファン・ヒチャン放出を完全否定している。15日付けのオーストリアメディア『ザルツブルガー・ナハリヒテン』が報じている。

 ファン・ヒチャンは今季これまで22試合に出場し9得点14アシストとチームの主力として活躍している。そんな23歳にはアーセナルやウォルバーハンプトン、リヨンが興味を示しているようだが、クリストフ・フロイントSD(スポーツディレクター)は今冬で売却を否定した。

「ファンは今冬の移籍市場で売り出す事はない。我々は彼を安価な値段でクラブを出て行かせるような事はしない。どのクラブとも交渉することはない」

 ザルツブルクは既に日本代表MF南野拓実をリバプールに、ノルウェー代表FWエルリング・ブラウト・ハーランドをボルシア・ドルトムントへ放出しており、主力選手の更なる流出を回避したい思惑があるようだ。

 ちなみにファン・ヒチャンはザルツブルクとの契約は2021年までである。多くのクラブから関心を持たれている韓国人ストライカーは今季終了後に新天地を求める可能性も十分あり、今後の行方が注目される。

フットボールチャンネル

「ザルツブルク」をもっと詳しく

「ザルツブルク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ