杉岡大暉、3戦未勝利に落胆「結果が全ての世界。悔しいし情けない」【AFC U-23選手権】

1月16日(木)1時2分 フットボールチャンネル

【U-23日本代表 1-1 U-23カタール代表 U-23アジア選手権・グループB組第3節】

 AFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)・グループB組第3節、サッカーU-23日本代表対U-23カタール代表の試合が15日に行われた。試合は1-1の引き分けに終わっている。

 すでにグループリーグ敗退が決まっていたとはいえ意地を見せたかった日本。前半終了間際に田中碧のレッドカードで10人となったあと、後半には小川航基のゴールで先制したものの、PKを与えて追いつかれる結果となった。

「いくら10人になったとはいえ、やっぱり最後勝ちきりたかったです」とこの日キャプテンマークを巻いた杉岡大暉は試合後にコメント。「戦う姿勢は見せられたかもしれないですけど、やっぱり結果が全ての世界なので。予選で1勝もできなかったということをしっかり受け入れて、しっかりやらないといけないなと思います」と落胆する様子をみせた。

 数的不利の状況で先制点を奪えたとはいえ、「11人でやっていたとしても得点は取り切れていなかった」と杉岡は反省。「何が何でも勝たなきゃいけなかった。悔しいし情けないです」と言葉を絞り出した。

 いずれにしても開催国として東京五輪に出場するU-23日本代表は、本大会で戦えるチームを残された時間で作り上げなければならない。「ここで経験したことはこの23人しか分からないし、それを個人個人が反省して、チャンスがある選手がいたなら伝えなきゃいけない」と杉岡はこの大会の経験を活かすことの意味を強調。「あと半年、危機感をしっかり持って本戦まで準備しないといけない」と決意を示した。

フットボールチャンネル

「U-23」をもっと詳しく

「U-23」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ