桃田ワゴンで事故…世界バド連盟に輸送の指導求める

1月16日(木)19時30分 日刊スポーツ

マレーシアから帰国した桃田(左)。中央は日本バドミントン協会の銭谷専務理事(2020年1月15日)

写真を拡大


遠征先のマレーシアで事故に巻き込まれて負傷したバドミントン男子シングルス世界ランキング1位の桃田賢斗(25=NTT東日本)が、今週末にも退院することになった。15日に成田空港へ帰国後、精密検査を受けるため入院した。
   ◇   ◇   ◇
世界バドミントン連盟(BWF)の理事でもある銭谷氏は、来月18日からスイスで行われる理事会で再発防止を訴えることを明かした。桃田が事故に遭ったのはワゴン車だったが、日本協会では選手移動に大型バスを使用している。「原因を究明し、しっかりとした輸送体制などBWFから各国に言ってもらうように提案したい」と話した。

日刊スポーツ

「事故」をもっと詳しく

「事故」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ