広島ドラ2宇草が初フリー打撃 東出コーチ高評価

1月16日(木)19時33分 日刊スポーツ

宇草孔基

写真を拡大


広島ドラフト2位の宇草孔基外野手(22=法大)が、新人合同自主トレ初のフリー打撃で、視察した東出2軍打撃コーチをうならせた。
小さなテークバックからコンパクトなスイングで大野練習場に快音を響かせ、昨年まで1軍担当の同コーチから「インパクトの強さを持っているし、強く振れている。トップがしっかりしているし、リストも利いている。(バットの)ヘッドの走らせ方を知っている」と高評価を受けた。
水本2軍監督らも見守った初打ちにも、宇草は平常心を貫いた。「力んでしまうと思ったので8割くらいの力でヘッドを走らせてと意識した」。強引にならず、持ち味のシャープな打撃を披露した。「足だけでなく、打撃でもアピールしないといけない。外野なので打たないと出られない」。強烈なインパクトを残す長打力はないが、内定している1軍キャンプでも、持ち味の俊足と巧打をアピールしていく。

日刊スポーツ

「コーチ」をもっと詳しく

「コーチ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ