ミランが今冬にウンデル獲得を目指す…スソとのトレードをローマに持ちかけ中?

1月16日(木)15時41分 サッカーキング

ミランから関心を持たれている、ローマのウンデル [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ミランは、ローマに所属するトルコ代表FWジェンギズ・ウンデルへの関心を隠そうとしていない。15日に、イタリアメディア『フットボールイタリア』が報じている。

 現在、セリエAで7勝4分8敗の10位と、中位に低迷するミラン。順位を少しでも上位に押し上げるべく、冬の移籍市場で新戦力を迎えようとする動きが活発化している。

 そこで、白羽の矢が立ったのが、ローマ所属のウンデルだ。22歳のアタッカーは2017年7月にローマと契約を結ぶと、移籍初年度となる2017−18シーズンは早くもチームの主軸となるような活躍を見せた。しかし、昨シーズン以降は同ポジションでニコロ・ザニオーロが台頭してきたこともあり、出場機会が減少。今シーズンもここまで、セリエAでは9試合にしか出場できていない。

 今冬にウンデルを獲得するべく、ミランはローマにスソとのトレードを持ちかけている模様。ローマとしても、12日に行われた第19節・ユヴェントス戦でザニオーロが左膝の半月板損傷および前十字靭帯断裂の重傷を負った以上、ウンデルを失うのであれば代役を獲得できるだけの資金か、即戦力を求めることになるだろう。

 果たしてウンデルは、出場機会が巡ってきたローマに残留するのだろうか。はたまた、ミランに新天地を求めるのだろうか。

サッカーキング

「ローマ」をもっと詳しく

「ローマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ