混合ダブルス決勝は森薗&伊藤組と張本&長崎組が2年連続で激突へ

1月16日(木)11時53分 スポーツ報知

混合ダブルス準々決勝でプレーする張本智和、長崎美柚組(カメラ・矢口 亨)

写真を拡大


◆卓球 全日本選手権 第4日(16日・丸善インテックアリーナ大阪)

 混合ダブルスで3連覇を狙う森薗政崇(24)=BOBSON=、伊藤美誠(19)=スターツ=組と張本智和(16)=木下グループ=、長崎美柚(17)=エリートアカデミー=組が決勝進出を決めた。

 森薗、伊藤組は準決勝で17年の決勝で対戦した軽部隆介(鹿児島相互信用金庫)、松本優希(サンリツ)組を3—0で下した。張本、長崎組は上村慶哉(シチズン時計)、阿部愛莉(デンソー)組に3—1で勝利した。

 決勝は昨年と同じ組み合わせとなった。前回は1—3で敗れている張本は「2人とも世界のトップのダブルスの選手。向かっていかなければ勝つ可能性はない」と初優勝へ意気込んでいる。

スポーツ報知

「ダブルス」をもっと詳しく

「ダブルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ