食野「点を取れなかったことが悔しいし、勝利につなげられなかったことがもっと悔しい」

1月16日(木)5時48分 スポーツニッポン

<カタール・日本>後半、激しくボールを奪いに行く食野(右)と小川(撮影・篠原岳夫)

写真を拡大

 ◇U—23アジア選手権1次リーグB組 日本1—1カタール(2020年1月15日 タイ・パトゥムタニ)

 食野は3試合連続先発を果たしたが、不完全燃焼に終わった。後半28分に小川の得点をアシストしたものの、「点を取れなかったことが悔しいし、勝利につなげられなかったことがもっと悔しい」と唇をかんだ。

 今大会は唯一の海外組として参戦したが、初戦のサウジアラビア戦の1得点のみ。「結果を残してなんぼのポジション。生き残りをかけたサバイバルとしては、まだまだ力が足りない」と反省していた。

 《田中碧、まさかレッド》田中碧は、まさかの一発退場に泣いた。ボランチで田中駿とコンビを組んで先発。前半アディショナルタイムに相手のボールを奪いに行った際、先にボールに触ったように見えたが、VAR判定で危険なプレーと判断されレッドカードを出された。昨年10月のブラジル遠征でミドル2発を決め一気に頭角を現したMF。「勝つことが大事」と今大会も初戦のサウジアラビア戦に続き先発したが、微妙な判定もあり結果を出せなかった。

スポーツニッポン

「アジア選手権」をもっと詳しく

「アジア選手権」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ