カワサキの岩戸、藤原克昭率いるチームでアジアロードレースに参戦。チームグリーンの活動は後日発表

1月17日(金)17時11分 AUTOSPORT web

 1月17日、カワサキモータースジャパンはKawasaki Team GREENに所属する岩戸亮介が、2020年シーズンはアジアロードレース選手権(ARRC)にKawasaki Thailand Racing Team ARRCから参戦することを発表した。


 岩戸は全日本ロードレース選手権のJ-GP3クラス、ST600クラスを経験し2018年にJ-GP2クラスでチャンピオンに輝いた22歳のライダーだ。2019年はKawasaki Team GREENに加入しJSB1000クラスにステップアップ。カワサキZX-10RRを駆り参戦初年度はランキング9位でルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得した。

2019年は全日本ロードJSB1000に参戦した岩戸亮介(Kawasaki Team GREEN)
2019年は全日本ロードJSB1000に参戦した岩戸亮介(Kawasaki Team GREEN)


 そんな岩戸は2020年は戦いの場をアジアに移し、Kawasaki Thailand Racing Team ARRCからARRCのASB1000クラスに参戦する。監督はライダーであり現在はタイカワサキでマーケティング部長を務める藤原克昭だ。


 ARRCはタイやマレーシア、オーストラリア、中国などアジアを中心に行われ、日本ラウンドは6月26〜28日に第3戦が鈴鹿サーキットで開催される。


 岩戸のチームメイトは、タイで行われているスーパーバイク選手権(FMSCT All Thailand Superbike Championship)で2017年から3年連続チャンピオンのタイ人であるティティポン・ワロコーンだ。


 ワロコーンは2013〜2015年にロードレース世界選手権のMoto2クラスに参戦した経験を持ち、2019年はアジアロードレース選手権でランキング6位、スーパーバイク世界選手権(SBK)第2戦タイにもスポット参戦した。


 また、カワサキチームグリーンの2020年シーズンの活動は、後日発表されるという。


AUTOSPORT web

「ロードレース」をもっと詳しく

「ロードレース」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ