神戸、25周年記念の特設サイトを開設!

1月17日(金)12時30分 FOOTBALL TRIBE

写真提供:Gettyimages

 ヴィッセル神戸は1月17日でチーム始動25周年を迎えた。これを記念して25周年記念特設サイトを開設している。

 神戸が始動したのは1995年1月17日。淡路島北部を震源とする阪神淡路大震災が起きた日だ。同クラブは公式ツイッターで「たくさんの方に支えていただきヴィッセル神戸は今日でチーム始動から25年を迎えることができました。 これまでの歴史や、様々な企画を現在準備中。ぜひ、サイトをご覧ください」と投稿している。

 神戸を運営する楽天ヴィッセル神戸株式会社の代表取締役会長の三木谷浩史氏は、開設された特設サイトに以下のメッセージを残している。

三木谷浩史氏

「2020年1月17日は阪神・淡路大震災から25年という節目となります。25年前のこの日は、1月1日に正式に「ヴィッセル神戸」として始動したチームの初練習の予定日でもありました。震災は神戸に甚大な被害をもたらしました。それから25年、そんな辛く苦しい状況に負けることなく、市民の皆さま一人ひとりが立ち上がり手を取り合うことで、神戸はここまで復興することができたのだと思っております。ヴィッセル神戸の歩みは、まさに常に神戸の復興とともにありました。

そんなヴィッセル神戸が存続の危機に立たされていたのが16年前のことです。
私たちがクラブを引き受けなければ、ヴィッセル神戸が消滅してしまうという状況でした。私たちとしても、クラブを引き受けることでこの先さまざまな困難が待ち受けているとも感じていましたが、「震災復興のシンボルであるヴィッセル神戸を絶対になくしてはならない」と強く思い、クラブを承継する決断をしました。

以来、「強いチームを作ることで、地元の人たちを元気にしたい」という一心で前進してきました。2015年からは、楽天グループとの連携を一層進めることで更なる強化を図っております。

そうして迎えた2020年1月1日、天皇杯決勝。これまでの想いがやっと結実しました。神戸の皆さまに初優勝というタイトルを届けることができたことを、とても嬉しく思っております。

そして、このタイトルの獲得は、アジアへの扉を開くことにもつながっています。2020年は日本でオリンピックも開かれ「スポーツの年」と呼ばれる中で、
ヴィッセル神戸もAFCチャンピオンズリーグに挑戦することで、神戸のまちを一層盛り上げてまいりたいと思います。

初タイトル獲得に25年の月日がかかりましたが、これをきっかけとして多くのタイトルを皆さまにお届けできるよう、選手、スタッフ、ファン、サポーターの皆さま、そしてヴィッセル神戸に関わるすべての関係者の方々と一致団結して、歩み続けてまいりたいと思います。

今後ともヴィッセル神戸への変わらぬご支援、ご声援をよろしくお願い申し上げます」



 神戸はクラブ創設25年目に突入した今月1日、天皇杯の決勝で鹿島アントラーズに勝利し、初タイトルを獲得した。現在シーズンオフの神戸は、1月22日以降に始動予定だという。同クラブは2月8日に、2019シーズンの明治安田生命J1リーグ王者である横浜F・マリノスと対戦するFUJI XEROX SUPER CUP 2020を控えている。同試合は、埼玉スタジアムで13時35分にkick offする。神戸は、クラブ始動25周年の節目の年にどのような戦いを見せるのだろうか。

FOOTBALL TRIBE

「開設」をもっと詳しく

「開設」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ