ドゥドゥ獲得の福岡、ウィリアン・ポッピと契約解除…昨季21戦出場

1月17日(水)10時31分 サッカーキング

福岡がウィリアン・ポッピとの契約解除を発表 [写真]=Getty Images for DAZN

写真を拡大

 アビスパ福岡は17日、ブラジル人FWウィリアン・ポッピとの契約を双方合意の上で解除することが決まったと発表した。

 ウィリアン・ポッピは1994年生まれの23歳。ブラジル国内クラブと釜山アイパーク(韓国)でのプレーを経て、2017年に福岡へ加入した。昨季は明治安田生命J2リーグで19試合、天皇杯で2試合に出場した。

 契約解除にあたり、ウィリアン・ポッピは以下のようにコメントしている。

「アビスパ福岡のファン、サポーターの皆様、この度、アビスパを離れることになりましたので、お別れの言葉を告げたいと思います。ファン・サポーターの皆さんには力強いサポートをしていただき、そしていつもあたたかい声援をいただきとても感謝しています。井原監督は根気よく私にいろいろと教えてくれて、チャンスを与えてくれて、1年でたくさんのことを学びました。チームメイトとJ1復帰を果たせなかったことは本当に残念な気持ちで皆様にお詫びしたいと思います」

「しかし、近い将来アビスパは必ずJ1復帰できると信じています。これからも変わらずアビスパを応援したいと思っています。そして今後の自分のキャリアを皆さまに見守っていただければと思います。ありがとうございました」

 なお福岡は同日、ヴァンフォーレ甲府に所属しているブラジル人FWドゥドゥの期限付き移籍加入を発表している。

サッカーキング

「解除」をもっと詳しく

「解除」のニュース

BIGLOBE
トップへ