青山敏弘、失点直後の同点弾は「今日一番の勝因だと思っています」。塩谷弾も絶賛

1月18日(金)1時2分 フットボールチャンネル

【日本 2-1 ウズベキスタン AFCアジアカップ2019・グループリーグF組第3節】

 17日、日本代表はAFCアジアカップ2019・グループリーグ第3節でウズベキスタン代表と対戦し、2-1で勝利を収めている。この結果、日本はグループリーグ首位で決勝トーナメントに挑むことが確定している。

 この日、森保一監督は前回のオマーン戦から先発メンバーを10人変更した。その中でゲームキャプテンとしてチームをまとめた青山敏弘は試合後、「1、2戦目で勝ってもらって、自分達でこの流れは止めたくなかった。先制されて厳しい試合でしたけど、みんなで勝ち切ってまたチームが一つになったんじゃないかなと思います」とコメントしている。

 青山の言葉通り、日本は40分にエルドル・ショムロドフに先制ゴールを奪われるなど、厳しい展開へと持っていかれてしまった。しかし、そのわずか3分後に武藤嘉紀が同点弾を挙げるなど、すぐに嫌な雰囲気を払拭した。

「あれは大きかったですね。誰も下を向いてなかったですし、あの時間帯で(点を)取れたことが今日一番の勝因だと思っています」と青山も同点弾の大きさを話している。

 また、この日はサンフレッチェ広島時代の同僚でもある塩谷司とボランチコンビを組んだ青山。その塩谷は58分に逆転ミドルシュートを叩き込んでいる。

 そんな塩谷のゴールについて問われた背番号17は「本当すごいの一言ですね。ただ、彼はあれが普通。自分もよく見ていることなんで。こんな大きなところで結果を出せる彼の強さは心強い」と塩谷を絶賛している。

 決勝トーナメント1回戦では、サウジアラビア代表、カタール代表のいずれかと対戦する日本。青山は「やっぱり一番上目指していますし、一つ一つが決勝という思いでやっていければいいと思うし、今日みたいに今まで出ていない選手が頑張ることがもっと重要になってくると思うのでみんなで次勝ちたいと思います」と意気込みを語った。

フットボールチャンネル

「青山敏弘」をもっと詳しく

「青山敏弘」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ