川島永嗣に現地メディア及第点。PK与えるも3試合連続無失点勝利

1月18日(月)13時35分 フットボールチャンネル

 フランス・リーグアン第20節のストラスブール対サンテティエンヌ戦が現地時間17日に行われ、ストラスブールが1-0で勝利を収めた。ストラスブールの日本代表GK川島永嗣は先発でフル出場している。

 川島はリーグ戦10試合連続、今季12試合目の出場。前半7分には味方の弱いバックパスを奪おうとした相手選手を倒してPKを与えてしまったが、MFリャド・ブデブズのシュートはゴール上に外れた。

 その後ストラスブールは前半29分に先制点を奪い、そのまま1-0で勝利。3試合連続無失点での3連勝を飾った。川島は最近8試合中5試合でクリーンシートを達成したことになる。

 地元メディア『DNA』や『ディレクト・ラシン』では川島に対してどちらも10点満点で「6」の採点。及第点止まりではあるが、それぞれ他の数人と並んでチーム最高タイの評価としている。

 今回は相手選手のシュートミスではあるが、川島がPKでゴールを許さなかったのは12月のメス戦に続いて今季2回目。そのメスに所属していた時期も含め、リーグアン通算では計7本のPKを受けて3失点のみと高いセーブ率を記録している。

フットボールチャンネル

「川島永嗣」をもっと詳しく

「川島永嗣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ