日産、クルマの電動化&知能化技術を体験! カーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」スタート

1月18日(木)12時25分 J-CASTニュース

電動化技術&知能化技術を体験できるカーシェアリングサービス

写真を拡大

日産自動車は、カーシェアリングサービス「NISSAN e-シェアモビ」を2018年1月15日に開始した。


免許証がそのままIDカード




「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みのもと、クルマの「電動化」や「知能化」に向けた技術開発を進める中で、電動自動車ならではのドライビングの楽しさや快適さを提供するという電動化技術と、自動運転技術や自動駐車機能などの知能化技術を体感できる新しいカーシェアリングサービスを開始。




利用できる車種は新型「日産リーフ」と「ノート e-Power」。自動運転技術「プロパイロット」やわずか3つの操作で駐車に必要な操作を自動でコントロールする「プロパイロットパーキング」、スムーズな駐車をサポートする「インテリジェント アラウンドビューモニター」などの機能を搭載し、ドライバーの運転をサポート。さらに、万一の事故に備えてドライブレコーダーも全車に搭載した。



月額料金は無料で、時間のみの課金料金システムになっており、入会しやすいのも特長。また、利用距離による料金加算もないため、料金を気にすることなくドライブが楽しめる。さらに、免許証がそのままIDカードになり、利用時の紛らわしさも軽減。毎日車両の清掃を実施し、常に清潔な室内空間で運転できるとともに、お勧めルートガイド設定やオペレーターによるナビサポートも利用可能だ。車両には予めETCカードも搭載しているので、カードを持っていない人でもETCゲートを利用できる。(ETC料金は利用者負担)。




18年1月にまず約30のステーション(東京、神奈川、静岡、大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良、和歌山など)からスタートし、順次他の都道府県にも拡大予定。




料金(税込)はショートタイム200円/15分、パック6時間3500円・12時間5500円・24時間6500円、アーリーナイト(午後6〜午前0時)2000円、レイトナイト(午前0〜午前6時)2000円、ダブルナイト(午後6〜午前6時)2200円、ビジネスナイト(午後5〜午前9時)2500円。

J-CASTニュース

「日産」をもっと詳しく

「日産」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ