鹿島アントラーズ、1.3億円で獲得したMFカイキとの契約年数は3年か!年俸は…

1月19日(火)7時24分 FOOTBALL TRIBE

鹿島アントラーズのホーム 県立カシマサッカースタジアム 写真提供: Gettyimages

 明治安田生命J1リーグの鹿島アントラーズは先日、サウジアラビアのアル・シャバブFCからMFアルトゥール・カイキが完全移籍により獲得したが、同選手の契約内容についてブラジルメディア『globe.com』が17日に報じている。

 カイキは2010年にイラチSCでプロデビューを飾った後、2012年にロンドリーナECに加入。その後、数度のレンタル移籍等をへて2018年8月にサウジアラビアのアル・シャバブFCへ完全移籍。そして昨年8月にはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB(ブラジル2部)のクルゼイロへレンタル移籍により加わると公式戦27試合に出場し4ゴール1アシストをあげていた。

 カイキの去就を巡っては、クルゼイロが昨年10月以降、給与未払いの状態が続いていたことにくわえて保有元のアル・シャバブFCに対して鹿島アントラーズが100万ユーロ(約1億2500万円)を支払って獲得する意向を示したこともあり、クルゼイロはレンタル移籍期間が2021年1月末に満了を迎える同選手の獲得を断念していた。

 なお、ブラジルの複数メディアが伝えるところによると、鹿島アントラーズはカイキと3年契約でサインを交わした模様。年俸については具体的な数字を明記していないものの、ブラジル国内の大半のクラブが払うことのできないほど高額であるようだ。

FOOTBALL TRIBE

「鹿島アントラーズ」をもっと詳しく

「鹿島アントラーズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ