ヴィルシーナの子、レヴィオーサは「父キンカメ似で、素直な性格」

1月19日(日)6時0分 Sportiva

厳選!新馬情報局(2020年版)
第35回:レヴィオーサ

 競走馬として一世を風靡した名馬が、数年後、父や母となって優秀な子を送り出す。そうした世代を超えた”ドラマ”が見られるのも、競馬の醍醐味と言えるだろう。

 そして、そんな新たな”ドラマ作り”が期待される3歳馬が、まもなくデビューを迎える。栗東トレセンの友道康夫厩舎に所属するレヴィオーサ(牡3歳/父キングカメハメハ)である。


デビュー間近のレヴィオーサ

 レヴィオーサの母は、ヴィルシーナ。2011年にデビューすると、明けて3歳の2月にはGIIIクイーンC(東京・芝1600m)を快勝し、一躍クラシック候補にのし上がった。

 しかし、クラシックでは”因縁のライバル”ジェンティルドンナと死闘を繰り返し、常に涙を飲んできた。牝馬三冠となる、GI桜花賞(阪神・芝1600m)、GIオークス(東京・芝2400m)、GI秋華賞(京都・芝2000m)において、すべてジェンティルドンナの後塵を拝して2着に終わった。

 最後の一冠となる秋華賞では、「あわや」という展開を作ったが、結局ハナ差の2着。悲願のタイトル奪取は叶わなかった。

 さらにその後、ジェンティルドンナ不在のGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)に臨んだが、そこでも古馬の壁に泣いて、再び2着。待望の戴冠は果たせなかった。

 それでも、重賞戦線で奮闘し続けた彼女は、古馬になった4歳の春、GIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)を制覇。念願のGIタイトルをついに手にした。

 その後は不振にあえいだものの、初の栄冠獲得から1年後、同じ舞台で奇跡を起こした。5歳春のヴィクトリアマイル。彼女は11番人気の低評価だったものの、果敢に先手を奪うと、持ち前の粘り腰でそのままトップでゴール板を通過。GI2勝目を飾った。

 そうして、彼女はこの年に引退。繁殖牝馬として第二の人生を送ることとなり、2017年に生まれたのが、レヴィオーサである。

 現在、所属する友道厩舎で調整されているレヴィオーサ。同馬を間近で見守るスタッフたちの評価を、関西競馬専門紙のトラックマンが伝える。

「レヴィオーサは夏に入厩しましたが、一旦放牧へ。その後、再入厩すると『日を追うごとに、動きがよくなってきた』と、スタッフは話しています。さらに、ほかのスタッフからも『いいモノは持っていそう』『レースセンスにも長けていそう』という前向きな言葉が次々に聞かれました」

 好評価を与えるスタッフの反応から、レヴィオーサが確かな能力を秘めていることは間違いなさそうだ。また、あるスタッフからは同馬に対する、こんな感想が聞かれたという。

「あるスタッフの見立てでは、『(レヴィオーサは)母のヴィルシーナよりも、父キングカメハメハの雰囲気が強い』ということでした。性格面は『いたって素直』とのこと。これからまだよくなりそうな部分はありつつも、有力馬がそろう厩舎にあって、一定の評価を得られていますね」

 デビュー戦は、1月26日の3歳新馬(京都・芝1600m)。鞍上は、名手・武豊騎手が務める予定だ。

 悔しい経験を重ねながら、多くのファンに愛されたヴィルシーナ。その母と同様、レヴィオーサも人々を魅了する走りを見せることができるのか。満を持して挑む初陣から目が離せない。

Sportiva

「性格」をもっと詳しく

「性格」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ