GRスープラGT4、2020年中に北米デビューか。IMSAでレクサスを走らせるAVSが興味

1月20日(月)14時44分 AUTOSPORT web

 2019年7月に、翌2020年からGT4マーケット向けに販売が開始されるとアナウンスされたGRスープラGT4が、早ければ今季後半にもIMSAが主催するミシュラン・パイロット・チャレンジで北米デビューする可能性があることが分かった。


 TRDトヨタ・レーシング・デベロップメントの社長兼ゼネラルマネージャーを務めるデビッド・ウィルソンによると、トヨタの新しいGT4カーはIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のGTDクラスでレクサスRC F GT3を走らせているエイム・バッサー・サリバン(AVS)の手によって、2020年後半に北米でのレースデビューを飾る可能性があるという。氏もまたGRトヨタGT4に「とても大きな興味を関心」を示している。


 ウィルソンは、ドイツのTMGトヨタ・モータースポーツGmbHが開発したカスタマーレーシングカーが今年初めにもヨーロッパの顧客に渡る予定であり、アメリカには第3または第4四半期に最初の1台が到着すると予想され購入を検討している各チームは2021年のフルシーズンエントリーに向けて取り組みを進めることができるとしている。


「私たちは非常に大きな関心を寄せている」とウィルソンはSportscar365に語った。


「我々は実際にGRスープラGT4をトラック・デイ・カーとして購入したい考えている人や、レースをしたいと思っているカスタマーのリストを持っている」


「姉妹会社であるTMGでの開発が順調に進んでいることを理解しているため、我々は慎重な姿勢ではあるが楽観視している。私たちはスープラが優れたクルマで、しっかりした、競争力のあるGT4カーになると確信している。それは重要なことだ」


 彼は北米にデリバリーされる最初のクルマがTRDのレクサス・レーシングのカスタマーチームであるAVSに割り当てられる可能性があることを示唆した。


「我々TRDはそれについてイアン(AVSの共同オーナーを務めるイアン・ウィルス)と話をした」とウィルソン。


「私たちはGT4をふたつの異なるモデルとして見ている。ひとつ目のケースは、レーサーがクルマを購入しそのままレースに参加するもの」


「もうひとつはAVSのような組織で2台または3台のクルマを購入し、それらをサーキットまで運んでサービスを提供、ランニングの面倒をみるというものだ」


「イアンは間違いなく興味を持っている。ただし、彼はもう少し情報が提供されるのを待っている。なぜなら、適切なビジネスモデルを作成するために必要な部品リストや、スペアパーツの価格などのインフォメーションを我々も持っていないからだ」


■「AVSにGTDプログラムでの妥協を強いたくない」


 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権でレクサスRC F GT3によるGTDプログラムを2年続けて行うカナダチームとの関係は、新しいプログラムにとって簡単な「出発点」になるとウィルソンは述べる。


「もし彼らが次の段階に進むならば私たちは同じように動き、今年後半に新しいGT4カーのひとつを軌道に乗せることができるだろう」


「気をつけなければならないのは(AVSの)最優先事項はGTDクラスで選手権を争うことと、レクサスとの関係を尊重することだ」


「我々は(彼らを)妥協を強いられる立場に置かせたくはない。それはつねに最優先事項だ。しかし、妥協することなくそれが行えるのであれば、それは新しいことを始めるいい方法になるだろう」

2台のレクサスRC F GT3をIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のGTDクラスに投入しているエイム・バッサー・サリバン
2台のレクサスRC F GT3をIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のGTDクラスに投入しているエイム・バッサー・サリバン


AUTOSPORT web

「スープラ」をもっと詳しく

「スープラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ