インテル、先制直後に追いつかれ1-1ドロー。首位ユベントスにプレッシャー与えられず

1月20日(月)1時6分 フットボールチャンネル

【レッチェ 1-1 インテル セリエA第20節】

 イタリア・セリエA第20節、レッチェ対インテルが現地時間19日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。

 現在2位に位置するインテル。ユベントスにプレッシャーを与えるためにも勝ち点3が欲しいところ。インテルは2トップにルカクとマルティネスを起用した。

 チャンスを作るも、中々レッチェゴールを割ることができないインテル。19分、左サイドからのクロスにルカクがヘディングでGKと競り合いになる。こぼれ球をルカクが左足でシュートし、ゴールネットを揺らすが、ファールの判定でゴールは認められなかった。

 59分、ドリブルでペナルティエリア手前まで侵入したバレッラが倒され、インテルはFKを獲得。インテルはこのチャンスを活かすことはできなかった。

 均衡が破れたのは71分、ビラーギのクロスに中央でバストーニが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。ようやくインテルが先制に成功。だが、直後にマンコースに決められ、レッチェに同点に追いつかれた。

 インテルはその後、勝ち越しゴールを狙うも決定機を活かせず。1-1のドローに終わった。インテルは首位ユベントスにプレッシャーを与えることができなかった。

【得点者】
71分 0-1 バストーニ(インテル)
77分 1-1 マンコース(レッチェ)

フットボールチャンネル

「インテル」をもっと詳しく

「インテル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ