ウイリアムズの新人ニコラス・ラティフィ、元F1王者ロズベルグのカーナンバーを選択

1月21日(火)16時38分 AUTOSPORT web

 ロキット・ウイリアムズ・レーシングのルーキーであるニコラス・ラティフィは、2016年F1世界チャンピオンのニコ・ロズベルグが以前使用していたカーナンバー6を付け、F1での1年目のシーズンに臨む。


 2014年からグランプリドライバーは、F1でのキャリアの全期間を通じた、個人のレースナンバーを選ぶことになった。


 しかし、ドライバーが引退すると、彼らのカーナンバーは2年間凍結され、その後は他の参戦者に割り当てられる。


 もちろんドライバーは、様々な個人的な理由からナンバーを選ぶ。ルイス・ハミルトンのトレードマークである44番は、若き頃のカート時代に遡るものであり、メルセデスのチームメイトであるバルテリ・ボッタスは、彼の名前を視覚的に“BO77AS”に見える、77番を選んだ。


 ウイリアムズがツイッターに投稿した動画のなかで、ラティフィは6番を選んだ理由を話している。


「今後のF1シーズンに向けて、ぼくがどの番号を選ぶのかと、みんな考えていると思う」とカナダ出身で24歳のラティフィは語った。


「僕は6番を選ぶことにした。この番号を選んだ理由は、僕がトロント出身だからだ。トロントは“The Six”として知られている。トロント出身なら、電話番号のエリアコードは基本的に416または617だ」


「ちょっとばかげているけれど、行き詰まってしまったので、それを選ぶことにしたよ」




AUTOSPORT web

「ウイリアムズ」をもっと詳しく

「ウイリアムズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ