クロップ、リバプール243試合目で通算150勝達成。ドルトムント時代は180勝

1月21日(火)8時0分 フットボールチャンネル

 リバプールのユルゲン・クロップ監督は同クラブを率いて節目となる150勝目を挙げた。

 現地時間19日、リバプールはマンチェスター・ユナイテッドと対戦し2-0で勝利を収めた。開始14分にファン・ダイクの得点で主導権を握ったチームはユナイテッドにあわやの場面も作られるも、粘り強い守備で凌ぎ、93分にカウンターからサラーが試合を決める2点目を挙げた。

 クロップ監督は「本当に素晴らしかった。特に前半は試合を完全に支配していたね」と快勝した試合を振り返った。

 なお、ユナイテッド戦の勝利がクロップ監督にとってリバプール就任して以来、節目となる通算150勝目(54分け39敗)となった。因みに、前所属先のボルシア・ドルトムント時代には318試合で180勝を上げている。

 2015年にクラブの指揮官となったクロップ監督は就任以来着実にチームの強化を図り、昨季はチャンピオンズリーグ(CL)優勝を成し遂げ、今季はリーグ無敗で首位を走っている。

 現在欧州で最も強いチームに上げられているリバプールを率いるクロップ監督は、今後この数字をどこまで伸ばすことが出来るだろうか。

フットボールチャンネル

「ドルトムント」をもっと詳しく

「ドルトムント」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ