【東京オートサロン2018】GT-Rのオープンカー!? 小さくても迫力満点なカスタマイズカー登場!!

1月22日(月)11時0分 日本版Autoblog



東京オートサロン2018 のリバティウォークのブースでは、日産「GT-R」のオープンカー!? と一瞬勘違いしてしまいそうなカスタマイズカーが出展され注目を浴びていた。

このカスタマイズカーは、ダイハツ「コペン」をベースにカスタマイズされた「LB nation GT-K」というモデルなのだ。

右には本物のが展示されていたが、比べると大きさが全然違う。もちろんデザインも大きく違うがうまくGT-Rの特徴がデザインに盛り込まれており、独特の存在感を演出している。

フロントセクションでは、フロントバンパー、オーバーフェンダーやデイライト、ミラーカバーなどが装着され、コペンを新たなテイストへ仕上げている。

リアセクションでは、大型のブリスターフェンダーと、GTウイング、リアバンパーや二本だしの大口径のマフラーチップなどが装着され、迫力のあるリアスタイルとなっている。

テールランプは、残念ながら丸形のテールランプは採用されておらず、コペンの面影が残っている。欲を言えば、テールランプもGT-Rをイメージしたものに変わっているとなお、それらしさが高まったのではないだろうか。

インテリアはほぼコペンのままだが、元々スポーティなデザインのため、カスタマイズされたエクステリアデザインにもマッチしている。

昔、日産では、スカイラインズ・ミニと呼ばれた「ラングレー」や、「ローレル」をイメージさせるコンパクトモデル「ローレルスピリット」などがラインナップされていたが、現在であれば、GT-Rのミニ版があれば欲しい人が多いに違いない。

今年のオートサロンではあまり、軽オープンカーのチューニングは多くなかったが、手ごろな価格でカスタマイズでき、走りも楽しめるモデルなだけに、さらなるカスタマイズモデルの登場を期待したい。

日本版Autoblog

「GT-R」をもっと詳しく

「GT-R」のニュース

BIGLOBE
トップへ